あなたが今、つらかったり苦しさに耐えているなら読んでください

あなたがもし今、つらかったり苦しさに耐えておられるなら、すこしでも気持ちが軽くなりますように。

私は一時期、何をしても気持ちが前に向かない時期、というものがありました。

 

なんとなく
このままではいけないような、
何をしていても楽しくないような、
自分に価値を感じられないような、
そんなときがあったんですね。

 

そして、悩みの形は多少違えど、そのような気持ちを抱えて生きている人は
意外と多いのかもしれないな、なんて
いろんな人とお話させていただくたびに感じています。

 

理由があるわけじゃない。
ただ、楽しくない。苦しい。
自分に価値を感じれない。
自信がないことがとても悲しかった。

 

でもそんな時に、ある人から
「夜明け前が一番空は暗いんです」
と教わりました。

そして

「苦しい時は登っているから苦しいんです」

とも教わりました。

 

私は「苦しい」って
ただ苦しいことなだけだと思っていました。
もがいているからただただ苦しいんだと
思っていました。

 

でも苦しいのは
もがいてるから、ではなくて
「登ろうとしているから」ということを
教えてもらったんですね。

 

その言葉によって、当時の私は
考えをひっくり返されたのでした。

 

この話に関して、
「そんなの、詭弁だ」
「そんな風には思えない」
そんな人もいるでしょう。
もちろん、この考えが正しいというわけでもないでしょう。

 

ただ、もし
当時の私のように今、あなたが
苦しかったりつらかったりを感じていて
そんな自分にまたおちこんでいたりするのなら
「そんな考えもあるよ」くらいに
感じて心を軽くなってくださればいいな、と
思っています。

 

苦しいのはよくなりたいと望むからで

死にたいと感じるのは生きたいからで
前を向きたいと望むから向けないことに
苦しいと感じているだけなのだから。

大丈夫ですよ。

苦しい時は自分が底にいるからではありません。
上へ上へと登っているから。
前へ前へと進みたいと望むから。
すべてはあなたの想いに
プラスの感情があるからです。

 

苦しい時は登り坂。
登っているから苦しい。それだけ。
なにも悲しむことはありません。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る