尼崎市、産前の妊婦さんに多い恥骨の痛み(股の痛み)

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「産前の妊婦さんに多い恥骨の痛み(股の痛み)」についてです。

 

産前の妊婦さんに多い恥骨の痛み(股の痛み)

産前の妊婦さんが良く痛くなる恥骨(股)ってどこ?

お腹に手を当てて、まっすぐその手を下ろしてきたところ、そこが恥骨になります。恥骨と言うとあまり聞き慣れない方もいるかもしれませんが、骨盤を構成する骨の一部です。下の図の赤丸のところになります。

右の恥骨と左の恥骨の間に恥骨結合(ちこつけつごう)と言われる、左右の骨盤をつなぐものがあります。

恥骨結合は本来動くことはほとんどありません。しかし、妊婦さんは出産に向けてこの恥骨結合が緩んで赤ちゃんが産道から出て来やすいように準備を始めます。その緩みが動いてしまうことで、恥骨痛(股の痛み)に痛みが出て来ます。

妊婦さんであれば誰でも恥骨結合が緩むため、痛みを感じる方が多いです。

 

産前の妊婦さんの恥骨痛(股の痛み)の原因

「リラキシン」というホルモンの影響

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されます。リラキシンは女性ホルモンの一種で、妊娠していなくても分泌されているのですが、妊娠中に特に分泌量が増えます。

リラキシンは靭帯を緩める働きがあり、このおかげで赤ちゃんが出産するときに産道をスムーズに通ることができるので必要不可欠なホルモンであることは間違いありません。ですがこのリラキシンの分泌量が増えることにより恥骨に痛みを感じる人がいます。それに加えて胎児の重みが加わってくるので恥骨結合に負担がかかり恥骨痛となるのです。

 

恥骨痛は妊娠初期でもなる

お腹が大きくなって赤ちゃんの重みで恥骨が痛くなるのはわかりますが、前妊娠初期の段階で恥骨痛に悩まされる妊婦さんも意外と多いようです。元々腰痛持ちであった妊婦さんは特に早い段階から恥骨痛になりやすい傾向にあるようなので、心当たりのある人は意識的に休息をとるようにしましょう。

 

二人目の妊娠以降の妊婦さんは恥骨痛になりやすい

個人差がありますが、一人目よりも二人目以降の妊娠ほうが恥骨痛になる方が多いようです。

理由としては

1.前回の出産で盤底筋が弱っている

2.前回の出産で骨盤が開いたままである

3.上の子供を抱っこすることで負荷がかかりやすい

上記3つの理由ことが挙げられます。

上の子のお世話をしながら休むことは難しいかもしれませんが、注意が必要であるということを自覚しておきましょう。

 

恥骨痛(股の痛み)6つの症状

1)足の付け根(股)に違和感を感じる

初期段階の症状ですが、足の付け根、すなわち恥骨(股)が痛いとまではいかないのですが、ふとした瞬間につっぱるような感じがして違和感を感じ始めます。でもその違和感が長く続くわけではないので深刻に考えない方も多いようです。

思えばこれが始まりでした。

2)恥骨(股)がちくちく痛いと感じる

恥骨に違和感がしばらく続いたのちに感じるが、ごく軽い痛みです。痛いといっても大したことはなくて例えるなら「ちくちく痛い感じ」です。これも絶えず痛いわけではなく、体を動かしたときにたまに痛くなる程度なので、痛みを我慢してしまうことが多くあります。

3)寝返りを打つ時に痛みが出る

これは中期の痛みになります。就寝時寝返りを打とうとしたら体をねじる動作で、恥骨が痛い。そこまで酷くない痛みとはいえ睡眠が途切れることはしんどいと感じること多いです。

ただでなくても赤ちゃんのお世話する生活に適応するため妊婦さんは睡眠が細切れになっていくものですが、そこに加えて寝返りを打つたびに痛みで目が覚めるので、きちんと眠れなくなり疲労が蓄積されていくなどの声があります。

4)朝起きあがる時に痛みが出る

はっきり「痛い」と感じる自覚症状です。朝起き上がるとき足の付け根(股)、すなわち恥骨が痛いと感じます。これまでの痛みが「チクチクする感じ」だったのに対してこの段階で感じるのは「ズキズキする痛み」でした。少し休めば症状が落ち着いて我慢できないほどの痛みでなく、深刻に考えておらずそのまま放置してしまうこともあるようです。この段階では痛みもはっきりしているため、この段階まで進まれてしまっている方は、医師に相談、または整体での施術を受けることをお勧めします。

5)急に立ち上がれなくなる

ふとした瞬間に「さぁ椅子から立ち上がろう」とした際、立ち上がれないほどの痛みに襲われます。頭では意識して「立ち上がろう」って思っているのに、体が全然言うことを効かないなんてこともあります。

腕の力だけで立ち上がろうとしますが、足に全く力が全く入りません

6)歩けなくなる

「急に立ち上がれなくなる」結果、一人で歩くことができなくなります。誰かに腕を取ってもらい、足を引きずりながら何とか前に進めるほどまで痛みが強くなる方もいます。ここまでの症状になるまでに対策するべきです。

症状は一時的に改善することもありますが、またいつ痛みに襲われるかわかりません。早急に施術をしてもらうことをお勧めします。

※施術効果には個人差があります

 

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は恥骨痛(股の痛み)に悩んでいるあなたへ、妊婦さんの症状についての話をしてきました。恥骨痛は痛みが出てしまうばかりでなく、仕事や家事・育児ができなくなってしまう怖いものです。

「痛みなく家事・育児を頑張りたい!」

あなたが本気でそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。

しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。

治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?

その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。

多くの方がそんな時間を手に入れています。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る