尼崎市、産後の股関節痛の原因とは

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「産後の股関節痛の原因とは」についてです。

 

産後、股関節痛の原因は?

妊娠をすると「リラキシン」というホルモンが体の中で分泌され始めます。この「リラキシン」は、骨盤の靭帯を緩めて、骨盤を開きやすくする効果があります。

開いた骨盤は赤ちゃんがスムーズに産道を通り、出産しやすいように体が自然に準備を始めています。「リラキシン」の効果で、出産時には骨盤がとても開きやすくなっています。実際に妊娠中から出産にかけて骨盤がとても緩く感じたママさんは多いのではないでしょうか。

しかし、メリットばかりではありません。母体の体には、骨盤が緩くなり骨盤が安定しないために、股関節にも負担がかかってきてしまいます。ママさんの体験談を聞いても、妊娠中から股関節が痛くなったという方がたくさんいます。

妊婦さん・産後のママさんにとって、股関節痛を感じる方は非常に多いです。出産後いつまでも股関節痛が続くと、育児や日常生活にも悪影響が出てきてしまいます。産後の股関節痛はいつまで続くものなのでしょうか。また自然に治るものなのでしょうか。

 

産後の股関節痛はいつまで続く?

股関節の痛みがいつまで続くかは、個人差があります。ひどい場合だと1年以上股関節の痛みが続くということも珍しくありません。出産後は緩んだ骨盤が徐々に元の状態に締まってくるのですが、この時に赤ちゃんを抱く時の座り方が悪かったり、姿勢が悪かったりすると骨盤が歪んでしまうことがあります。

骨盤が歪んでしまうと、股関節に負担がかかる状態がなくならないので、股関節の痛みも続いてしまうということになります。重要なことは、産後に骨盤が歪まないようにしてあげるということです。

股関節痛を解消するためには、骨盤を歪まないように予防する、もしくは歪んでしまった骨盤を元の位置に戻してあげることが大事になるということです。では、骨盤を歪まないように予防したり、歪んでしまった骨盤を戻すにはどうすればいいのでしょうか。

 

産後は骨盤ベルトや骨盤矯正で股関節痛を解消

 

予防には骨盤ベルトが有効

 

骨盤が歪まないように予防することが一番いい方法です。緩んだ骨盤を締めて固定することで、歪みを防止するということです。

骨盤ベルトはあくまでも予防です。産後はすでに歪みが大きく出ているため、ベルトではなかなか元には戻りにくいのが実際です。なので、痛みを改善したいのであれば、整体で歪みを整えることが痛み改善の近道です。

 

歪みを解消するには骨盤矯正が有効

一度歪んでしまった骨盤を元に戻すには、やはり骨盤矯正が効果的です。骨盤ベルトでも歪んだ骨盤を矯正することはできるのですが、産後半年ほど経つと骨盤が歪んだまま固まってしまうので、骨盤ベルトを使うなら、産後半年以内に利用してください。半年以上経っても股関節の痛みが続く時は、骨盤が歪んでしまっている可能性が高いです。また、骨盤が固まってしまう前(産後6か月以内)に骨盤の調整をしていくことをお勧めします。

産後6か月以上経ってしまっている方でも骨盤の調整は可能ですが、調整するのに時間がかかってしまったり、歪みが再度出てきやすくなります。

 

骨盤以外の全身も調整する

産後は骨盤だけが歪むことはありません。骨盤だけを強制したとしても、他の部位が歪んでいては、再度歪んできます。なので、全身での調整が必要になります。一番オススメなのは、全身の調整を行ってから、骨盤ベルトをはめて予防をすることです。

※施術効果には個人差があります

 

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は産後の股関節痛に悩んでいるあなたへ、股関節痛の原因ついての話をしてきました。

「早く痛みを取りたい!全身的な体のメンテナンスをして育児を頑張りたい!」

あなたがそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。

しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。

治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?

その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。

※施術効果には個人差があります

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る