尼崎市、頚椎ヘルニア症状

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「頚椎ヘルニア症状」についてです。

 

首の骨は7個あり、この7個の骨を頚椎と言います。頚椎の骨と骨の間には椎間板と呼ばれる、軟骨でできたクッションがあり、このクッションが年齢とともに弱ってきて、傷が入ると痛みがおこります。 クッションの中心部に当たる硬い部分が神経のほうに飛び出てきて、神経を押すのが頚椎椎間板ヘルニアです。

 

頚椎ヘルニアの症状とは?

頚椎ヘルニアの症状は、初期には首が痛く、だんだん肩甲骨あたりに移ってきます。また、しびれが肩から手にかけてよく出現します。ひどくなると、腕や手の力も落ちてくることがあります。

頸椎椎間板ヘルニアの場合、首や肩、腕への痛みやしびれ、手先を使った細かな作業がしづらくなる、力が入りづらくなる、といった神経の障害による症状が主な症状です。

異常が起きる頚椎ヘルニアの場所(7個の骨のどこか)によって脊髄や神経根に与える影響が違ってくるため、症状のでかたもさまざまなのが特徴と言えるでしょう。

主に、以下のような部位に症状が見られます。

 

首・肩に痛み、肩こり、胸の痛み 〜頚椎ヘルニア〜

頚椎ヘルニアが起きると、頸椎の後ろにある椎間関節に異常が生じます。首の後ろ側から背中、また胸の前あたりにかけて痛みやこり、だるさ、違和感などが現れます。また、首の動きの悪さから、筋肉の硬さになり首や肩に痛みが出やすいです。

 

腕・手の痛み、しびれ、だるさ、手のむくみ、握力低下 〜頚椎ヘルニア〜

首の骨の上から4番目の骨(第四頸椎)から下にある神経根が圧迫されると肩から手先にかけて症状がでてきます。腕から手先まで全て痛い!しびれる!という方もいらっしゃいます。痛みで腕や手を動かさないでいると、血流障害が起きるため、だるさや手のむくみが出ます。また、長期的に動かさないいると、筋力低下が起き、握力も低下していきます。

 

頭部・顔面(後頭部の頭痛、目の奥の痛み、目の疲れ、目の充血、耳鳴り、めまい)

首の骨の上から1番目〜3番目(第三頸椎から上)にある神経根が圧迫されると、首の後ろ側から後頭部、側頭部にかけて痛みが生じます。痛みが強くなると二次的に気分が悪くなり、吐き気を感じる方も少なくないです。

 

下半身(足のつっぱり・歩行障害・尿失禁・尿コントロール障害)

頸部にある脊髄が圧迫されると、上半身だけでなく下半身にも神経障害が現れます。

このように、頸椎椎間板ヘルニアによって起こる症状はさまざまです。重度になると日常生活に支障をきたすこともあるので、症状が進行する前に適切な治療を受けることが重要です。

 

※施術効果には個人差があります

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は頚椎ヘルニアに悩んでいるあなたへ、頚椎ヘルニアの症状についての話をしてきました。痛みが出てしまうばかりでなく、仕事や趣味活動ができなくなってしまう怖いものです。

「もう一度好きな運動や旅行がしたい!」

あなたが本気でそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。

しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。

治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?

その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。

多くの方がそんな時間を手に入れています。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る