尼崎市、脊柱管狭窄症の症状

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「脊柱管狭窄症の症状」についてです。

 

脊柱管狭窄症

脊柱管って?

背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。脊柱管の中には神経が通っている硬膜というふくろがあります。頚椎部と胸椎部の神経は脳から続く実質性の脊髄であり、腰椎部の神経は馬尾神経と呼ぶ神経束や血管が通っています。馬のしっぽに似ていることから馬尾神経と呼ばれています。脊柱管はそれらの神経を守る役割があります。神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びていきます。

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰痛、腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある、などに加えて、足にしびれや痛みがある、普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになるなどの症状が腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

その症状は太ももからふくらはぎ、足の裏などに、両側に出る場合や片側だけに出る場合があります。足先が持ち上がらない、階段でつまずく、スリッパが脱げやすいなど足に力が入りにくかったりすることもあります。さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、会陰部(股関節の付け根)に灼熱感(熱く感じる)などの異常が起こってきます。足の症状だけで、腰痛は全くない場合もあります。

また、神経症状は逆行しないため、腰から下に症状が出ます。もし、腰から上部に何らかの症状が感じる場合は、別の症状・病気になります。

 

脊柱管狭窄症の原因~こんな人がなりやすい!

脊柱管狭窄症になりやすい人の特徴を挙げると、次のようになります。

・腰に負担がかかるスポーツや動作を長期間、続けていた
・腰を頻繁に曲げたり、ひねったりする動作を継続していた
・前かがみや座りっぱなしなど、長時間、同じ姿勢をとる環境にあった

上記のような条件は、首や腰周りに負担を起こしやすいからです。

 

脊柱管狭窄症の発症しやすい年齢や性別

脊柱管狭窄症の発症しやすい年齢や性別は、

・脊柱管狭窄症になるのは50歳~80歳くらいの年代の方が多い
・女性より男性のほうが多い傾向がある

また、脊柱管狭窄症の痛みを引き起こす原因となる飲食物もあります。それは、「冷たいもの」や「甘いもの」です。症状を改善するためには、これらの飲食物を避けることをお勧めします。

 

 

※施術効果には個人差があります

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は脊柱管狭窄症に悩んでいるあなたへ、脊柱管狭窄症の症状についての話をしてきました。

「もう一度好きな運動や旅行がしたい!」

あなたが本気でそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。

しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。

治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?

その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。

多くの方がそんな時間を手に入れています。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る