尼崎市、坐骨神経痛にプールは行っていいか?

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「坐骨神経痛にプールは行っていいか?」についてです。

 

坐骨神経痛にプール・水泳は有効か?

 

坐骨神経痛は痛みが出ない程度であれば、有効なスポーツ

水泳はカラダへの負担は最小限に抑えられます。
しかし、積極的なトレーニング・運動を水泳で行おうとすると、体や筋肉に負担がかかってしまうスポーツです。

 

バタフライなどの激しい泳法を行うと、更に症状が悪化する可能性が高いです。
ですので、坐骨神経痛が発生している場合、プールで全力で水泳を行うのはあまりオススメできません。
泳ぐのであれば、できるだけゆったりとした形で、腰から足に負担のかかりにくい泳ぎを行ってください。
オススメは水中ウォーキングと、水中ストレッチになります。特に、水中でのストレッチは、陸上よりも効果が高くなるので、積極的に行っても大丈夫です。

 

陸上で行うストレッチをそのまま水中で行ってもらうと、とてもストレッチ効果が高いと言えます。
水圧によって筋肉が伸びやすくなり、水圧による血流促進効果もありますので、怪我のリハビリにも効果的です。
水中ウォーキングを行うときも、大股開きで行わないようにして、軽めの運動として行ってみてください。

 

過剰にトレーニングを行おうとすると、坐骨神経痛の症状は悪化していきますが、軽めだと軽減していくケースがほとんどです。

 

プールでは

1.女性は男性より浮きやすい
2.11歳前後が男女とももっとも浮きやすい
3.10代後半から20代前半が最も浮きにくい
4.その後年をとるにつれ再び浮きやすくなる
5.20歳前後の筋肉質な男性は最大吸気(しっかり吸い込んだ状態)の状態でも沈む人がいる
6.ほとんどの日本人は最大呼気(吐ききった状態)の状態では沈む

 

水深による浮力

千葉 整体 坐骨神経痛 浮力

 

浮力による荷重免荷は水深により変化します
水中で立位(立った状態)をとった場合、

 

1.首まで浸かればほとんど体重はかからない(体重の10%)
2.わきの下程度であれば体重の30%ほど
3.へその深さなら体重の50%ほど
4.恥骨部であれば体重の80%ほど
5.水深が膝ぐらいなら体重は90%となります。

 

深くなればなるほど体重による負荷が軽くなります。もし、症状が出ているのであれば、水深の深いところでのウォーキングをすることで、体に負担をかけずに運動を行うことができます。無理をしないで優しい運動でトレーニングを行ってみてください。水中で体重負荷がかからないからといって、水中でのエクササイズ、激しく水泳を行わないでくださいね。

 

※施術効果には個人差があります

 

 

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は坐骨神経痛に悩んでいるあなたへ、プールでの運動についての話をしてきました。坐骨神経痛は辛いです。痛みが出てしまうばかりでなく、仕事や趣味活動ができなくなってしまう怖いものです。

「もう一度好きな運動や旅行がしたい!」

あなたが本気でそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。

しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。

治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?

その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。

多くの方がそんな時間を手に入れています。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る