尼崎市、坐骨神経痛 脱力感は危険信号!

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「坐骨神経痛 脱力感は危険信号!」についてです。

 

 

坐骨神経痛で脱力感は出ていませんか?

坐骨神経痛 腰痛 危険

坐骨神経痛が出ている場合、神経の圧迫や損傷により力が入りにくくなったり、脱力感のような症状が出ることがあります。坐骨神経痛で麻痺や脱力感が発生した場合、神経が圧迫されている事が考えられます。

麻痺や脱力感というのは、しびれよりも少し重い症状です。早めに施術を受けることをお勧めします。

 

 

坐骨神経痛による脱力感

脱力感というのは正座をしていてしびれが起こるようなものとは別に、力が入りにくくなってしまったり、踏ん張ることができなくなってしまうような症状のことです。

正座のような一過性のしびれの場合、麻痺や脱力感が起こることはほとんどありません。

極端に長く正座をしていれば別ですが、一般的には起こることは少ない症状で、脱力感が出ている方は坐骨神経痛の症状がかなり進行していることを示しています。

 

麻痺や脱力感が起こっている場合、放っておくと症状が進行し、歩行時うまく歩けなくなってしまったり、つまづきやすくなってしまい、重篤な場合には歩くのが困難になってしまうこともあります。その場合には、神経を回復させる治療が必要になります。

 

坐骨神経痛の感覚障害

坐骨神経には筋肉を動かす運動神経、熱い冷たい痛いというような知覚神経、日中の活動や睡眠にも関わる自律神経を含んだ神経で日常生活や仕事をする上で重要な役割をもっています。神経が圧迫・損傷されると脳から筋肉に向かう指令や脳に伝達される情報が届かなくなるので、歩行困難・異常感覚が出てきてしまいます。

 

坐骨神経は腰髄と仙髄の神経の束で非常に長く太い神経であり、足に麻痺や脱力感が起きているからといって、原因が必ずしも足にあるわけではないということです。

脳から筋肉に向かう指令が足に届くまでの間で障害が起こることによって症状が起きています。

ですので、症状が起きている原因が、脳の可能性もあれば、背骨の障害の可能性、腰や臀部(おしり)の筋肉による障害の可能性もあります。

 

他にも、神経と筋肉の接合部の障害かもしれません。血液の循環障害による酸素・栄養不足なのかもしれません。

 

さまざまな原因によって麻痺や脱力感は発生します。

当院ではそのような様々なチェックを行いながらあなたに合った施術方法を選択していきます。

 

 

※施術効果には個人差があります

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る