【半月板損傷】この膝の痛みは手術しかないのかと不安なあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「【半月板損傷】この膝の痛みは手術しかないのかと不安なあなたへ」についてです。

 

「半月板が損傷してるから手術しないと良くならない」

「膝が痛いのは半月板が損傷してることが原因」

膝を怪我をしたわけでもないのに、「半月板損傷」と診断されることがありますが、膝の痛みと半月板損傷は関係ありません。半月板が損傷しても膝は痛くならないからです。

この記事は慢性的な膝の痛みで半月板損傷と診断されて手術も勧められているあなたのために書きました。一番下で動画でも解説しています。

  •  

半月板損傷は老化現象の1つで誰にでもある

MRIの画像を見ながら「膝の痛みの原因は半月板が損傷しているからです。痛みが続くようなら手術を考える必要があります」との説明をされるとショックのあまり頭が真っ白になってその後の先生の話が頭に入らなくなってしまう。

しかし、慢性的な膝の痛みの場合、半月板が損傷していても手術の必要はありません。

半月板は老化に伴って誰でも損傷していくからです。

白髪やシワが増えることと同じように半月板も損傷していくのは当たり前のこと。

半月板は損傷しても痛くない

年を取っても膝の痛みに困らない人がいるのは、半月板が損傷してても痛みを感じないからです。

半月板には痛みを感じる神経がないため、爪や髪の毛と同じように切っても痛みを感じることはありません。

だから損傷してても痛いはずがない。

爪や髪の毛を切って痛かったら大変ですよね。

膝の痛みの原因は半月板損傷ではない

膝の痛みの原因は半月板ではなく、他にあるということ。

だから半月板の手術をしても解決にならないので、術後に再発する方が出てきてしまうのです。

慢性的な膝の痛みで半月板損傷と診断されても手術の必要はありません。

怪我のように突然膝を痛めた場合には半月板以外も損傷していることがあるので痛い

ただし、スポーツの最中や明らかな怪我のように急激に痛めた場合にはすぐに病院へ行きましょう。

怪我の場合には靭帯や他の組織も損傷していることが多く、半月板以外の組織が痛みを感じます。

怪我で半月板損傷で痛いのは半月板以外の組織を痛めているから。

慢性的な膝の痛みも半月板以外の組織を痛めているから。

どちらにしても、膝の痛みと半月板損傷は関係がないので、半月板を手術する必要はないということです。

慢性的な膝の痛みと半月板損傷は関係ないから手術は必要ない

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る