ヘルニアが治らない人へ

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「尼崎市 ヘルニアが治らない人へ」についてです。

 

ヘルニアの激痛でお悩みなら当院の整体で改善することができます

ヘルニアの激痛を改善する治療法を探しているあなたに記事を書いていきます。

 

 

ブロック注射も痛み止めも効かないほどの激痛

  • 痛み止めが効かなかったので、量を増やして飲んでいるがそれでも効かない
  • 5分も座っていられないほどお尻が痛くなる
  • 少し歩いただけで激痛が走るので歩きたくない
  • ブロック注射が全く効果がなかった
  • 痛くて仕事に集中できない
  • 手術はやりたくないが、この痛みが楽になるなら・・・

ヘルニアと診断されて腰や足の激痛がブロック注射や痛み止めでも改善されずにお悩みの方は生活にも支障が出るほどの痛みのために、仕事を長期間休まれる方、仕事を変えられる方、好きな運動もできなくなってしまう方、外出するのも嫌になってしまう方・・・このように、その後の人生が大きく変わってしまうほどの痛みに悩まされてしまいます。

 

最終的な治療法として手術が勧められます

ヘルニアと診断されても、すぐに手術を勧められることはほぼありません。まずは、注射、痛み止め、リハビリ等の保存療法が選択されます。それでも、改善が見られない場合や、痛みが強すぎて仕事や生活に支障がある場合には手術が検討されます。

 

手術をした方がいいのか?

ヘルニアと診断されてすぐに手術を勧められない場合には、手術をする必要はありません。ヘルニアで本当に手術が必要なのは5%程度と言われており、足がマヒして動かない場合やトイレの感覚が分からない場合にはすぐに手術が必要になります。そうでなければ、手術をしなくても症状は改善します。

 

手術しなくても症状が改善する理由

ヘルニアが症状を引き起こすのは、飛び出した椎間板が神経を圧迫するからと考えられていますが、これが間違いです。

ヘルニアが見つかっても、実際にはほとんどの方は手術しないで症状が治ります。それは、飛び出した椎間板が引っ込むからではありません。椎間板は飛び出して神経を圧迫したままなのに、症状だけが治ります。

つまり、ヘルニアが神経を圧迫しているから症状が出ているのではないということです。

だから、手術をしなくてもほとんどの場合で症状が改善するというのが実際のところです。

しかし、症状が治まることを待っていたらいつになるか分かりません。

 

ヘルニアの症状を整体で改善する方法

ヘルニアが症状を出しているわけではないので、本当の原因は他のところにあります。

例えば、足がしびれて痛いということがあると、普通には歩けないはずです。普通にしているつもりが出来なくなってしまいます。

なぜ普通に出来なくなってしまうのか?

それは、痛みが突然出ないように、痛みを出さないように意識して行動をするからです。

この痛みを出さないようにする行動が筋肉を硬くして痛みを引き起こしてしまいます。

当院では、このように筋肉を硬くしてしまう原因について、改善するための整体を実施していきます。こうしていくと、ヘルニアはそのままでも症状は改善します。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る