すべり症に手術は必要ない!これが最適な治療法

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「尼崎市 すべり症に手術は必要ない!これが最適な治療法」についてです。

 

すべり症と診断されて手術しないと治らないのかとお悩みなら当院で解決できます

すべり症で治療してるけど良くならないから手術しようかお悩みの方へ記事を書いていきます。

  •  

すべり症と診断された方の特徴的な症状

すべり症とは老化による、背骨の不安定さによって、背骨がずれている状態で多くは前方にずれています。

症状は慢性的な腰痛と足の痛みやしびれを出すことが多く、重度のすべり症では、排尿排便障害というトイレの感覚が分からなくなってしまうことや、足が動かないというマヒの状態も見られる場合があります。

特徴的な症状として歩くと腰痛や足の痛み、しびれが強くなり休むと楽になるからまた歩けるようになるという間欠性跛行が見られます。

 

病院で行われる一般的な治療法

すべり症と診断されると、まずは手術ではなくブロック注射や痛み止め、電気、温熱治療、マッサージのリハビリが選択されます。

これらの保存療法によって症状が落ち着くようであれば、そのまま様子を見ましょうということになります。

しかし、保存療法を続けても症状が緩和されない場合や、痛みやしびれが強くて生活に支障がある場合、または足が動かない、トイレの感覚が分からないという場合には手術が選択されます。

 

手術しなくても症状が落ち着く・・・不思議だと思いませんか?

背骨がずれているすべり症で症状が出ているはずなのに、保存療法で症状が落ち着く場合がある・・・というより、ほとんどのケースで症状が良くなるというのが実際のところ。

背骨自体を戻すようなことをしているわけではありませんから、すべり症はそのまま変わっていないはずです。

でも症状が落ち着く。

ということは、すべり症が原因で症状が出ているわけではないと考えられるということです。

 

画像診断と実際の症状は一致しないことが認められている

すべり症やヘルニア、脊柱管狭窄症などの腰の疾患はレントゲンやMRIの画像で診断をされます。

実際の統計で腰が全く痛くない人の画像検査をしたところ、7割以上の人に椎間板や背骨の異常が見つかったという報告がされています。

つまり、腰が痛くないのに画像上では異常があったということです。

このことからも、画像と実際の症状は矛盾しているということが理解していただけると思います。

 

なぜ、すべり症になってしまったのか?

お医者様から「なぜすべり症になってしまったのか?」について聞いたことがありますか?もしこの理由を分かってなかったら、今後もすべり症になってしまう背骨へのストレスをかけ続けてしまうことになってしまいます。

本当に大事なのは、すべり症を治すことよりもすべり症になってしまう原因を治すことです。

 

すべり症の症状を改善するための治療法

背骨のずれを整体で治せるはずがありません。しかし、すべり症が症状を出しているわけではないということは前述した通りです。

ということは、すべり症ではないところに原因があるということです。

その原因ほとんどの場合が筋肉です。

筋肉が何かの原因で硬く緊張するために痛みを出している、だから緊張がそこまででもない時には、調子が良くて、緊張が強くなると痛みも強くなるという痛みの変化が起きてきます。

当院では、この筋肉が症状を引き起こしてしまうほどの緊張をさせてしまう原因を改善するための治療を行なっていきます。

そうすることで、筋肉が緊張しなくなれば、すべり症はそのままでも症状を改善することができるということです。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る