半月板損傷で手術を宣告されたあなたへ、手術なしで治す方法

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「尼崎市 半月板損傷で手術を宣告されたあなたへ、手術なしで治す方法」についてです。

 

もし半月板損傷で手術を勧められているのであれば、当院で解決することができます

急な怪我をしたわけでもないのに半月板が損傷していると診断され、手術を勧められている方に記事を書いていきます。

  •  

怪我をしたわけでもないのに半月板損傷?

半月板損傷と聞くとスポーツ選手が競技中に怪我をするというイメージがありませんか?

中高年の膝の痛みというと、軟骨がすり減っている、関節が変形している、棘ができている、関節の隙間が狭くなっているということを言われる場合が多いので、半月板と言われると重症なのかと思ってしまいますが、実際にはそうではありません。

いわゆる変形性膝関節症の中に含まれる病名の1つです。

しかし、なぜ怪我をしたわけでもないのに半月板が損傷しているのか不思議ではありませんか?

 

半月板は中年以降ならみんな損傷しています

半月板は関節の連結する部分にあってクッションの役割をしています。そのため、負荷を受けやすく、また、柔らかい軟骨組織であるためストレスがかかり続けることによって損傷をしやすいという組織です。

つまり、半月板も関節軟骨と同様に加齢に伴って損傷されていく組織ですので、中高年になれば誰でも少なからず損傷していて当たり前なのです。

しかし、誰でも損傷しているとしてもみんながみんな、膝が痛くなるわけではありません。半月板が損傷しているはずなのに膝はなんともないという方が多数なわけです。

この損傷しているはずなのに、痛い人と痛くない人の違いとは何なのでしょうか?

 

半月板は損傷しても痛みを感じることはありません。半月板が痛みの原因ではないということ

半月板は軟骨組織でできており、神経や血管が通っていません。そのため、一度損傷すると元に戻らないと考えれれています。

神経が通っていないということは、痛みを感じることはあり得ないということです。損傷しているから痛いことはないし、半月板と骨がぶつかって痛いということもありません。

以上から、半月板が損傷しているから痛いわけではなく、それ以外の原因によって膝が痛いということです。

 

半月板損傷と診断されても手術しないで改善します

半月板の手術をしているのに、また膝が痛くなった患者様です。手術をして数年しか経っていないのに再発して、正座ができない、しゃがめない、普通に歩くこともできなくてかばうような歩き方をしながら来院されました。

当院は整体ですので、当然半月板を元に戻すようなことはできません。しかし、この患者様は約1ヶ月で普通に歩くことだけでなく、正座もできるようになりママさんバレーやエアロビクスにも復帰することができました。

この方の場合は、膝の痛みがどんどん悪化しているからと、膝に負担をかけないようにとの意識から、それまでとは生活を一変させてしまい、運動はしない、歩くことも控える、できるだけ安静にするという生活になってしまっていました。

また、膝への意識から身体の使い方変わってしまい、膝にますます負担をかける行動を取っていました。

その原因となっている生活と行動を変えていただき、膝の痛みを出している部位に対して施術することで短期間で痛みを感じないほどに改善することができました。

もし、半月板損傷で手術を勧められている方は、当院までご相談ください。

手術をしてからでは身体は元に戻りません。

少なからず人生が変わってしまいます。

そのようになって欲しくありません。

半月板損傷は手術しなくても改善します。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る