膝の痛みはストレッチでは治りません!

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の痛みはストレッチでは治りません!」についてです。

 

膝の痛みを治すためにストレッチを頑張っているあなたへ、ストレッチでは治らない事実をお伝えします

膝の痛みを治すためにストレッチを頑張ってもそれだけでは治りません。膝の痛みに効くストレッチを探している方に記事を書いていきます。

  •  

膝の痛みをストレッチで治すことはできません

どうやってストレッチをすれば膝の痛みが改善するのかyoutubeで探してはいませんか?youtubeには「膝の痛みを一瞬で治すストレッチ」や「膝の痛みにはこれだけやれば良い」のような魅力的なタイトルの動画がたくさん出てきますが、ストレッチで膝の痛みを治すことはできません。

 

ストレッチをすることは膝の痛みには良いことですが、膝に良いことばかりを探していませんか?

ストレッチ自体が身体にとって良いことです。もちろんやった方がいいことではあります。他にも膝に良いサプリメント、膝の負担を少なくするサポーター、ダイエット、筋トレ・・・。いつも膝に良さそうなことを探して試してはいませんか?これでは、

「なぜ膝が痛いのか?」

ということに目を向けられていないため、闇雲に良さそうなことを試しているだけになってしまいます。

 

膝へのマイナス要因を改善していないから良くならない

「なぜ膝が痛いのか?」

これを考えたことはありますか?本来膝の痛みを改善するためにはこれが1番重要なことのはずです。それが痛みの原因なわけですから。このマイナス要因を改善しないから何をやっても膝の痛みが良くならないのです。

ストレッチをいくらやっても膝の痛みを悪化させてしまったマイナス要因は改善できないので、ストレッチでは膝の痛みは改善することはできません。

 

なぜ膝が痛くなったのか?その原因を改善すればいいだけ

膝の治療は簡単です。

「なぜ膝の痛みが悪化したのか?」

これを改善すれば良いだけです。

膝の痛みの原因というと、

  • 関節の軟骨がすり減っている
  • 関節が変形している
  • 骨に棘ができている
  • 関節同士の隙間が狭くなっている

これらを思い浮かべると思いますが、これらは原因ではなく結果です。

軟骨がすり減っている、変形している、棘ができている、隙間が狭くなっているという結果です。

なぜ軟骨がすり減ったのか?

なぜ変形したのか?

なぜ棘ができたのか?

なぜ隙間が狭くなったのか?

このなぜ?が原因です。

これを改善しないでストレッチを頑張っても軟骨がすり減り続け、変形し続け、棘ができ続け、隙間が狭くなり続けてしまいます。

この原因を改善すればストレッチをやらなくても膝の痛みは改善します。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る