ヘルニアで腰が抜けそうに痛い!その原因と対策

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「ヘルニアで腰が抜けそうに痛い!その原因と対策」についてです。

 

もしヘルニアで「腰が抜けそうな感じがして怖い」ということを感じているなら、当院はその不安を解消できます

  •  

腰が抜けそうな感じがして怖い・・・

「重いものを持った際に腰に痛みが走って、下手に動いたら腰が抜けそう・・・」

「前かがみになったら腰が痛くなりそうで、怖い・・・」

このように腰に不安を抱えながら毎日生活をされていませんか?特にヘルニアと診断された方にこのような症状でお悩みの方が非常に多いです。

 

腰が抜けるとは、腰に力を入れたくない、腰で踏ん張りたくない状態であること

「腰が抜けて立てない」

「腰が抜けて動けない」

と腰が抜けた状態を説明することがありますが、これは当然、腰の何かが抜けた訳ではないし、腰の背骨や神経が何かなった状態ではありません。

「腰の力が抜けた=腰に力が入らない」状態のことです。

なぜこのような状態になってしまうのか?それは、腰を動かしたら腰が悪くなると身体が本能的に感じ、力を入れないようにして動かさないようにしてしまうからです。

 

腰が抜けそうになると誰もがする行動:腰を動かさないようにする

腰が抜けそうになると誰もが思うことが、

「腰を下手に動かしたらそのまま動けなくなりそう。だから腰を守らないと。」

という腰への不安です。そのため、前かがみになる動作も腰を動かさないように、股関節や膝を曲げて、普段はやらないような格好で動作を工夫するようになります。例えば、

朝顔を洗うときには、腰を曲げないように洗面台に肘を着いたり、膝を曲げることで腰を落として顔と洗面台の位置が近くなるようにしたり。

椅子から立ち上がるときには、手で支えられるところを探して手を着きながら、ゆっくり、慎重に腰を動かさないように注意しながら腕と足で踏ん張って立ち上がる。

 

腰が抜けそうになると誰もがする行動:コルセットを使う

コルセットを使って腰に負担がかからないようにした方がいいよとの家族や職場の同僚のアドバイスもあって試したり、腰の症状が長い方の場合には、仕事以外の時間も常に使っていますという方もいらっしゃいます。

 

腰が抜けそうになると誰もがする行動:整形外科を受診する

まずは病院に行くこと、これは当然のことです。「ただの腰痛だから」、「病院に行っても湿布と痛み止めだけだから」と自己判断をしてしまうことが1番怖いことです。腰痛とはいえ、内科的なことや大きな怪我が潜んでいる可能性もあります。必ず受診しましょう。

しかし、腰の症状が長く病院には何軒か行ったという方の場合にはそれ以上行く必要はありません。どこに行っても結果は同じだからです。

 

意味のない画像診断

どの整形外科でも共通しているのは、レントゲンやMRIの画像診断を重要視しているということです。画像を元に「ヘルニアになって神経を圧迫しているから」、「背骨の関節の隙間が狭いから」、「背骨が変形しているから」のような説明をされたはずです。画像診断ですから大病院で撮ったって、近所の整形外科で撮ったって結果は同じです。同じ結果ですから症状の説明も同じになるでしょう。であれば治療法も大差ないはずです。

どこに行っても同じことを言われてしまい、その結果良くなっていない画像診断に意味があるのでしょうか?

 

ここも同じかと毎回失望してしまう・・・

そして注射や痛み止めでも良くならなければ最終的には

「手術しますか?」

と言われてしまう。

手術をしたくないから、評判の整形を探したり、インターネットで調べたりしたのに。

 

腰痛治療は難しくない。なぜ悪くなったのか?を明確にしてそれを改善するだけ

腰が抜けそうに感じるのは、「腰を動かしたら悪くなるんじゃないか?」という不安が始まりです。その不安から、腰を動かさないようにします。筋肉は動かすことで、ほぐれて血流も良くなるのに、腰を動かさないようにすることで、腰の筋肉はますます硬く緊張していきます。硬く緊張すると、動かそうとしても上手く動かせないし、さらに動かすことに不安が出るようになるので、動かしたくなくなる・・・という悪循環にはまってしまいます。これが、悪くなった理由です。

この悪循環を断ち切ることが、「腰が抜けそうになる」症状を断ち切るために必要なことです。

この記事がヘルニアの腰痛を改善するための参考になっていただければ幸いですが、それでも良くならない場合には、下記から連絡をください。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る