膝が痛い人やるべき運動

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝が痛い人やるべき運動」についてです。

 

膝が痛い50代女性は筋トレよりも歩きましょう。しなやかに歩けてますか?

50代を過ぎると急増するのが膝の痛みです。

「最近運動不足だし、年齢的にも筋力が衰えてきてるからかな?」

気にはなりながらも、毎日痛いわけではないし、痛いのを忘れてることもあるし、「そのうち治るだろう」と思いながら過ごしていたら、突然ズキッと強い痛みが・・・。それをきっかけに立ち上がる時、階段の上り下りで痛みを感じるようになり、正座も窮屈になってやりたくない・・・。

病院に行って検査をしたら、

「年のせいで軟骨がすり減っているからです。運動してダイエットにも取り組みましょう」

と言われ、膝の痛みを改善するための体操のやり方が書いてある紙をもらいました。始めてみましたがやると痛いし、良くなっている感じがしないんだけどこのまま続けて良くなるんだろうか・・・?

このような経験はありませんか?

膝の痛みを改善するためには特別な運動をする必要はありません。特に筋トレは絶対にしてはいけません。悪化する可能性があります。

膝の痛みを改善するにはどうしたらいいか、甲府の膝専門整体院が解説していきます。

 

レントゲンで軟骨、関節が変形していると言われるのは当然です。50年も生活してきて20歳の頃のままのはずがない。

膝が痛くてレントゲンで「軟骨が・・・」、「関節が変形して・・・」、「関節の隙間が狭くなって・・・」というのはほとんどの方が言われます。当たり前です。変形してないわけがない。肌だって、歯だって20歳の頃のままの人はいませんよね?

みんな変形してます。でも膝が膝が痛くなる人と痛くならない人がいる。

みんな変形しているのに痛い人と痛くない人がいる。

ということは、軟骨や変形はどっちでもいいって思いませんか?

 

運動不足も体重も年齢も原因ではありません

運動してない人、太っている人、70代の人でも膝が痛くない人はたくさんいます。

運動してても、痩せてても、20代でも膝が痛い人もいます。

運動、体重、年齢、筋力・・・関係ないです。

 

たまたま何かをきっかけに膝が痛くなった。きっかけは防ぐことができません。

じゃあ、なぜ膝が痛くなるのか?

痛くなるきっかけは事故みたいなものなのでいつ、何をきっかけになるかは分かりませんし、人は誰でも悪くなって初めて気づくものです。「あの時あれをしたから・・・」、「こうしておけば良かった・・・」痛くなる前から全ての可能性を排除できる人なんかいるわけありません。

 

大事なのは痛くした後をどう対処するか?その後の経過は対処の仕方で決まります

大事なのは、痛くなったあとを悪化させないために、早く治すためにどう過ごすかということです。これによってその後の経過が大きく変わります。

運動不足、体重、年齢、筋力は膝の痛みとは関係がありません。なので取り組む必要はありません。

 

多くの場合、良かれと思って始めたことが、膝を悪化させています。自分で悪化させたなら悪化させないようにすればいい

病院でも、テレビ、雑誌、ユーチューブでも「膝が痛い人はこれをやればいい」と筋トレやストレッチ、体操のやり方を紹介していますが、それをやるから悪化するのです。

これまで何年もスクワットや筋トレをやってなかった人が、膝が痛くなってから始めたら膝にストレス与えるだけです。痛い膝にさらにストレス与えたら悪化するだけです。

特にテレビや雑誌、ネットで紹介していることに共通しているのは、

「〇〇をやればいい」、「〇〇を鍛えましょう」

ということです。

体に対してストレスを与える事ばかりを紹介します。

それを実行するから悪化します。

だからそれらを全部やめればいい。

やめれば膝へのストレスが減ります。

根本的に改善するためには、これだけでは不十分ですが、やめることはすぐにできます。

筋トレ頑張っても良くならないなら、思い切ってやめてみてはどうですか?

意外と楽になりますよ。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る