膝に水が溜まるのがクセになっているあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝に水が溜まるのがクセになっているあなたへ」についてです。

 

膝に水が溜まるのはクセになっているわけではありません

「膝が痛くなって、気がついたら大きく腫れていました。すぐに病院に行くと、水が溜まっているから抜きましょうと言われ、その場ですぐに抜いていただきました。楽にはなりましたが、水を抜くとクセになるということも聞いたことがあるので心配です」

このような質問をいただきました。

膝に水が溜まることはしばしば見られることではありますが、抜くとクセになるということが本当なのか?そもそも水は抜いた方がいいのか?抜かない方がいいのか?など、疑問なことがたくさんあると思います。

この記事では、膝に水が溜まる原因やその対処法、水を抜くとクセになるのかということについて解説していきます。

 

 

膝に水が溜まる原因

膝に水が溜まるのは、火傷や捻挫をした時と同じように、関節の中で炎症が起きているからです。溜まる水はもともと関節の中にある関節液という水分が、炎症が起こることによって、過剰に放出されるからです。

ですので、溜まる「水」は悪いものではなく、もともと関節の中にあるものなので悪者ではありません。

しかし、過剰に出てしまうことで、関節に余計なものがくっつくからが動かしにくくなってしまいまうので、痛みが強くなるということです。

 

水は抜いた方がいい?抜かない方がいい?

痛みが強い場合には抜いてしまえば楽になるので抜いてしまった方がいいです。

抜かないで痛いのを我慢していることの方が不安やストレスに繋がって悪影響を及ぼすことが考えられます。

 

水を抜くとクセになるのは本当なのか?

クセになるというのは間違いです。

なぜクセになるというイメージがあるかというと、水を抜いてもまた水が溜まってしまうということを何度も繰り返されている方が大勢いらっしゃるからだと思います。

実際には、水を抜いてもまた出てきてしまうわけではなく、先ほどお伝えした、関節内での炎症が治まっていないから、また水が出てきてしまうのです。

ですので、この関節での炎症を改善しないと、何度も繰り返してしまいます。

膝に水が溜まらないようにするには、膝関節で炎症を起こしてしまう原因を改善する必要があるということです。

 

膝に水が溜まらないようにする方法

なんども水が溜まることを繰り返してしまう原因は、膝に炎症を起こしてしまう原因を改善できていないからです。

では膝に炎症を起こしてしまう原因は何か?

膝自体に原因があるわでけはありません。

多くの場合、膝に負担をかけてしまう歩き方や姿勢であったり、股関節、足首の問題が結果的に膝に負担をかけてしまうということが原因です。

この膝に炎症を起こしてしまう原因を改善することで、膝に水が何度も溜まるようなことや、クセになるようなことはありません。

 

まとめ

膝に水が溜まるのは関節内で炎症が起こっているから。

この炎症を起こしてしまう原因を改善すれば、水が溜まることはありません。

炎症を起こす原因は、関節自体にはありません。

レントゲンやMRI画像の中にもありません。

多くの場合、体の使い方に原因があります。

ここを改善することで、膝に水が溜まらなくなるということです。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る