股関節の痛みにリハビリでは効果ない?そう思っているあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市で南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「股関節の痛みにリハビリでは効果ない?そう思っているあなたへ」についてです。

 

 

股関節が痛くて病院のリハビリに通っても電気、マッサージ、筋トレ、ストレッチ・・・これで良くなるのかと疑問に思っていませんか?

股関節の痛みにリハビリでの効果が少ない理由

風邪をひいたり、捻挫をしたり、まず病院に行くのは当然ですが、病院に行けば先生が治してくれると思っていませんか?

股関節の治療で病院がやってくれることは、手術か手術以外の保存療法です。

保存療法でやることは、痛み止めの薬、湿布、電気治療、マッサージ、ストレッチ、筋トレの指導です。

手術以外でどんなことをやるのかを見て、何か気がつくことはありませんか?

股関節の痛みをその場で抑えることが目的の治療ということです。

確かに、今痛いわけだからそれでいいような気がしますが、これだけでは絶対にダメです。なぜか分かりますか?

再発する可能性が非常に高いからです。

股関節や膝の痛みの特徴は、何度も繰り返しながら進行していきます。

その理由は、

「なぜ悪化してしまうのか、なぜ再発してしまうのかの理由が考えられていないから」

これが分かってなければ、その場で良くなったとしても、また悪くしてしまう可能性が高いわけですから、また痛くなってしまいますよね?

病院ではそこまで教えてくれません。

病院は急激な痛み、怪我、に対して痛みを抑えることが目的の医療機関です。

そもそも、治すのではなく、症状を抑えることが目的なので、根本的な原因やそれを解決するための方法には長けていないということです。

 

股関節の痛みをリハビリではなく手術をした場合の効果

 

股関節の痛みの原因として、一般的に考えられているのは、関節が変形している、関節の隙間が狭くなっている、関節の軟骨がすり減っているという関節の問題と、運動不足で筋力が低下している、体重が重いというような、関節以外の問題も原因として考えられています。

手術となると、関節の異常を改善するための手術となります。

経過は人それぞれであることは間違いないわけですが、大きな問題としてあげられることが、痛みが再発するケースも多いということです。

手術したのになぜと思いますよね?

股関節は手術したので問題ないはずであるにも関わらず痛みが再発する・・・

関節が痛みの原因ではないからです。

だから、手術して関節に問題がないにも関わらず痛みを発症してしまうのです。

 

股関節の痛みにリハビリでの効果が少ないのは原因へのアプローチではないから

股関節が痛くなると、自分でできることとして、ストレッチや筋トレを思い浮かべると思います。

もちろん悪いことではありませんが、なぜ股関節が痛くなったのかを考えたことはありますか?

関節が変形しているから?

なぜ関節が変形してしまったのですか?

年のせい?老化現象?

それもあるでしょう。しかし、80代でも股関節が痛い人は少ないはずです。

股関節が痛くなったということは、痛くなった原因があります。

ここを理解しないまま、YouTubeで見たストレッチや筋トレをやっても効果はありません。

 

股関節の痛みがリハビリで効果ない理由のまとめ

なぜ悪化してしまったのか?

ここを考えずにやみくもに股関節周りのストレッチや筋トレをしていても、症状は悪化してしまいます。

悪化した理由に対しての治療ということは病院ではやらないはずです。

もし病院に通院して治療しているのに良くならないという方は、この悪化した理由について考えてみてください。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る