ヘルニア、脊柱管狭窄症の9割はただの腰痛だということ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「ヘルニア、脊柱管狭窄症の9割はただの腰痛だということ」についてです。

 

腰痛の原因はヘルニアでも脊柱管狭窄症ではありません

腰椎椎間板ヘルニアあるいは脊柱管狭窄症と診断され、その後、お医者様の指導のままに、電気治療やブロック注射を受けるために通院して、もらった痛み止めのクスリを飲んでいるのになかなか良くならない・・・。こんな辛い悩みを抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。

なぜこのようなことが起こってしまうのか?

腰痛の原因のほとんどはヘルニアや脊柱管狭窄症ではないからです。その事実について解説していきます。

 

腰痛の原因を間違えているから治らない

画像診断の結果、お医者様から「椎間板ヘルニアですね、椎間板がつぶれて神経を圧迫しているから腰が痛い」とか

「脊柱管狭窄症だから神経が圧迫されて痺れがでるのような説明を受けられたと思います。

しかし、実際には画像所見でヘルニア、脊柱管狭窄症が見られても痛みの全くないケースもあるし画像所見でヘルニア、脊柱管狭窄症がないのに強い痛みがあるケースもある。

このような事実が分かってきているから、画像診断が疑問視されつつあります。

逆に画像診断を見たことによって、「自分は腰が悪いんだ」とのイメージが植え付けられてしまうことによってますます腰痛が悪化するということも少なくありません。

 

ヘルニア、脊柱管狭窄症の9割には手術は必要ありません

ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断されると緊急で手術をするのか、痛み止めやブロック注射、リハビリを続けていきながら様子をみるのかという説明と選択が迫られます。

痛みが強い場合には、早く手術してしまった方がいいのでは・・・と悩まれるケースではありますが、でも心配しないでください。

すぐに手術が必要だという説明がなかった場合には、手術をしなくても治る可能性が高いということです。

ヘルニア、脊柱管狭窄症でも足がマヒして感覚がない、自力で動かせないという状態になっていたら早急に手術が必要ですが、その状態ではないとお医者様が判断されての様子を見ましょうですから、早まった判断をしないようにしてください。

 

まとめ

ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されても、ほとんどの場合で様子を見ましょうと言われるのは、手術しなくても症状が改善する事実をお医者様も知っているからです。

そうでなければ、早期発見、早期治療が原則である医療の考え方とは反していますから。

大事なのは画像診断ではなく、あなた自身の事実です。

「ヘルニアが神経を圧迫しているから痛い、しびれる?脊柱管狭窄症で神経を圧迫しているから痛くてしびれる?」

それなら毎日、朝から晩まで同じように症状が出るはずだし、座ったり、立ったり、歩いたりで症状が変化するのはなぜ?

画像診断に騙されないように。

 

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る