膝の痛みを本気で治したいあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の痛みを本気で治したいあなたへ」についてです。

 

 

その場限りの注射、痛み止め、マッサージでは膝の痛みは徐々に悪化し続けてしまいます

これまでどんな治療をしてこられましたか?

一般的に行われる治療では、

  1. 注射、痛み止めの薬
  2. 湿布
  3. 電気、温熱治療
  4. マッサージ
  5. 鍼灸
  6.  

これらを続けた結果膝の痛みは改善していますか?

また、しばらく良くなったとしても再発を繰り返していませんか?

膝の痛みは再発を繰り返す度に悪化していきます。

そもそも、なぜ再発してしまったのでしょう。

この原因が分かっていないと今後も再発を繰り返し、膝の状態はますます悪化してしまいます。

その場の痛みを抑えることではなく、なぜ再発を繰り返してしまうのか?

なぜ徐々に悪化していくのか?

膝が痛くなる原因に目を向けましょう。

 

1、膝の痛みは老化現象だからしょうがない?

一般的には膝が痛いといえば軟骨がすり減っているから痛いや、関節が変形しているから、もう年なので・・・、と言われてしまうことが多いです。

そして、痛み止めの薬やヒアルロン酸の注射を使いながらでうまく付き合っていきましょう、というような説明があります。

しかし、実際には若い人でも膝の痛みを抱えている人はいるし、年配の方でも元気に毎日過ごしている人もいます。

また変形をしていても痛みのない人がたくさんいます。

つまり、一般的に言われている膝の痛みの原因は実際には原因ではないということです。

 

2、本当の膝の痛みの原因は?

膝の痛みの原因は筋肉が痛いということです。

ではなぜ筋肉が痛いのか?

膝関節に通常よりも負担がかかりやすい体の使い方をしてしまっているからです。

関節に負担がかかると頑張ってくれているのが筋肉です。

そのため筋肉が強張ってしまい、膝関節の動きがスムーズに動かないために痛みを感じるようになるということです。

治していかないといけないのは関節と筋肉に負担をかける体の使い方ということです。

 

3、治療として痛みを抑えることばかりだから根本的に良くならない

膝の痛みに対してその症状を抑えるための治療が最初にあげたような、注射、痛み止め、マッサージ、電気治療、鍼灸です。

もちろん、このような治療が必要な場合もあります。で

しかし、それを3週間続けても治らないのであれば選択肢を変えないといけません。

症状を抑えているだけの治療では良くならないということですから。

 

4、根本的に治療するために必要なこと

膝関節にしっかり体重が乗せられていないために、身体のバランスが崩れて、それを支えるために膝周りの筋肉に負担がかかります。

そのため膝関節がスムーズに動かせなくなることが痛みの原因です。

正しい身体の使い方ができることで、筋肉へに負担が少なくなり、関節も滑らかに動かすことができるようになります。

 

5まとめ

今出ている症状にばかり目が向いてしまっていても、原因を見ていかない限り症状は改善しません。

これからは膝が痛くなる原因に注目しましょう。

原因を改善していくことで多くの方が膝の痛みから解放されています。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る