膝の痛みが良くならないのは対処療法しかしてないから

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の痛みが良くならないのは対処療法しかしてないから」についてです。

 

 

膝の痛みを取るだけでは対処療法です。治すということは痛みを出さないことです。

膝の痛みは治らないものだと思っていませんか?

病院や整形外科、整骨院や整体院、鍼灸院、カイロ・・・。
今や治療院はコンビニよりも多いと言われる時代です。
これだけ治療する場所が増えているにも関わらず、痛みで悩んでいる方が減るどころか増えているのはなぜなのでしょう?

テレビでは毎日のように健康のための番組が放送され、ユーチューブでは検索すればいくらでも膝の痛みを改善するための体操やストレッチのやり方が出てきます。
膝の痛みで悩んでいる方は、そのような情報をチェックして、何が効きそうか試されていると思います。

その結果、膝の痛みは良くなっていますか?

おそらく、多くの方が良くならずに、

「今度はこれを試してみよう」

「近所の奥さんがこれが良いって言ってたから買ってみよう」

「やっぱり筋トレが大事・・・」

あれこれ試されていることと思いますが、結果良くなってないのではないですか?

 

 

なぜ色々試しているのに良くならないのでしょう?

その前に、あなた自身で膝のこと、治療のことについて考えてみて下さい。
「テレビでこう言っていたから・・・」
「近所の奥さんがこう言っていたから・・・」
まずその情報が間違っているかもしれません。
特に近所の奥さんが話していたことなど信じてはいけません。

ですが、実際には色々考える前にあれやこれやと取り入れていませんか?

それでは、あなたの膝にとって本当は悪影響のものもあるかもしれないし、対処療法をいくら続けても、何かをきっかけに悪化してしまう可能性もあります。

何かを取り入れて、改善させようとする考え方だけでは、悪化してしまった原因を改善しているわけではないので、再発するリスクが下がるわけではありません。

膝の治療で最優先しなければいけないのは、悪化してしまった原因を特定して、何をしていけば良くなるのかをイメージです。

自分で考えてみても分からなくても当然です。
なので、どんな時に膝が楽でどんな時に痛いのか?
その痛みの変化が膝の痛みを考えるときの大きなヒントになります。

では改めて、膝の痛みがなぜ良くならないのか?

それは、膝の痛みに一般的に行われている治療が痛みに対してのみの治療だからです。
痛いから注射、痛いからマッサージ、痛いから痛み止め、痛いから電気・・・
これらは、全てが痛みに対しての治療なので、その場は良かったけど、またすぐに痛くなったということの繰り返しになってしまいます。

痛みには必ず原因があります。
この原因に対して治療をしていないからです。

原因とはいえ、関節の変形や軟骨が減っていることは痛みの原因ではありません。
変形や軟骨が減っていることも結果です。

変形が起きることも結果。
軟骨が減ることも結果。

結果があるということは原因が必ずあります。
この変形させてしまった原因、軟骨を減らしてしまった原因に対して治療をしていくことが根本原因に対しての治療です。

治療をしてもなかなかうまくいかないという方は、痛いという結果にではなく、痛くさせてしまった原因に目を向けるようにしてみましょう。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る