坐骨神経痛がストレッチだけでは改善しない理由をあなたにお伝えします 

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「坐骨神経痛がストレッチだけでは改善しない理由を尼崎の整体院があなたにお伝えします 」についてです。

 

 

坐骨神経痛でお尻から太もも、ふくらはぎが痛くてストレッチをしても改善しないのは、それは痛いという結果への対処療法だからです。原因に対しての治療はできていますか?

お尻から太もも、そしてふくらはぎへかけての痛みやしびれ。

足を動かすと感じる筋肉が引き裂かれそうな突っ張り感。

このような痛みが毎日続いたら動くことが嫌になってしまいますね。

 

「坐骨神経痛」

比較的安易に使われる名前だし、症状の強さや範囲に関わらず、お尻から足先にかけての痛みやしびれがあると、ひとくくりにされてしまいますが、程度は様々です。

多少違和感やしびれが何年もあるという方から、痛みが強くて足を切り落としたいという方、杖を支えに足を引きずりながらやっと歩けるような方・・・

そんな坐骨神経痛がなぜ治らないのかについてお伝えしていきます。

 

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断された方が発症しているケースが多いです。

お医者様からも、このような疾患が原因で坐骨神経痛が出ていると説明をされていることと思います。

治療法としては、どのような説明がありましたか?

「痛み止めと湿布で様子を見ましょう」

「痛みが治まるまで安静にするように」

「それでも良くならなければ手術を考えましょう」

このように言われませんでしたか?

しかし、これでは良くならない方が多く、手術に踏み切ってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

坐骨神経痛は神経が症状を出しているわけではない

坐骨神経痛と聞くと、神経が圧迫されて症状が出ているんじゃないかというイメージがあると思いますが、神経は圧迫されただけでは症状は出ません。

神経痛のようにしびれを感じるのは、筋肉に通常以上の負担がかかり、緊張して固い状態になることで、血流障害が起こります。

この結果しびれが起こるということです。

つまりしびれの原因は筋肉の硬さということです。

 

 

筋肉をほぐすためにストレッチをやればいい?

多くの方は筋肉が固いのであればストレッチをしてほぐせばいいいいのではないかと考えます。

確かにそれが有効な場合もありますが、痛みが強かったり、経過が長かったりするとそれだけでは改善しないし、ストレッチだけでは限界があります。

 

それよりも優先しなければいけないのは、なぜ硬くなってしまったのか?

という問題です。

この原因を取り除かないと何をしてもまた硬くなってしまいます。

坐骨神経痛という症状は結果です。

結果には必ず原因があります。

そうなってしまった原因を考え、その原因を改善することをしていかなければ、同じ結果を何度も繰り返してしまいます。

 

3ヶ月以上坐骨神経痛の症状にお悩みのあなたへ

発症してから3ヶ月以上が経過していれば、様子を見て良くなる症状ではないということです。

痛みとしびれは経過が長くなるほど改善するまでに時間がかかります。

早めに医療機関を受診してください。

そして、痛みやしびれの症状という結果に対しての治療だけではなく、原因に対しての治療をしてくれる先生を探しましょう。

この記事を読んでくれたあなたが、そんな先生と巡り会えて、1日も早く良くなってもらいたいです。

この記事がそんな参考になってくれればと思います。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る