膝の軟骨がすり減っているから痛いと言われた尼崎のあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の軟骨がすり減っているから痛いと言われた尼崎のあなたへ」についてです。

 

膝の痛み(変形性膝関節症)は軟骨がすり減っているから痛いわけではないという事実をご存知ですか?

膝が痛いから病院に行ってレントゲンを撮ったら、

「関節の軟骨がすり減っています。だから痛いのはしょうがないです」

と説明を受けられたことがありませんか?

一般的にも膝は年齢に伴って軟骨がすり減っていくもので、すり減っていくことが膝の痛みの原因とされています。

しかし、実際には膝の軟骨と痛みの程度は全く関係がありません。

この事実について解説していきます。

 

  •  

よく言われる変形性膝関節症とは?

太ももの骨とすねの骨で構成される膝には、骨と骨とのつなぎ目に動きをスムーズにするための軟骨というものがあり、この軟骨がすり減ることで膝に痛みを感じたり、動きが制限されるというものが変形性膝関節症の考え方とされています。

この軟骨は再生しないと言われていますので、すり減らしてはいけないということが盛んに言われています。

軟骨がすり減ることで、関節の隙間が狭くなる、関節が変形する、炎症が起きると説明されます。

(膝のサプリメントで有名はグルコサミンやコンドロイチンはこの軟骨を再生させるかのようなイメージで、「軟骨成分が含まれています」と謳っていますね)

お医者様はレントゲンの画像を見て、関節の状態を一般的な膝の形状と比べてどうかということを判断して診断します。

そのため、

「正常な関節の状態ではない、異常な状態である。だから痛いはずだ」

と診断をされ、

「この状態だと10年後には手術が必要になる」

「変形は治らないから痛みとは付き合っていくしかない」

と膝の痛みは手術をしないと治らないということを連想するような説明をされることもあるようです。

お医者様にこのような説明を受けると、患者様は、

「もう治らないから、手術はやりたくないし、うまく付き合っていくしかないんだな」

と半ば諦めてしまいますね。

 

 

本当に変形しているから痛いのか?自分の指を見て見てください。どこか変形している指はありませんか?変形しているその指は痛みますか?

レントゲンで自分の変形している関節を見ると、いかにも痛そうに感じてしまいますね。

見た目には痛そうに見えますが、それが本当に痛いのかというとそうではないということが自分の指を見ると分かります。

中年以降になれば、指の関節がどこか変形していすよね?

怪我の後遺症かもしれないし、仕事による変形かもしれないし、華麗による変形かもしれませんし何が原因かはわかりませんが・・・その指は痛みますか?

曲がっていても痛くないはずです。

もし痛いとしても、それが一生続くと思われる方は少なくて、しばらくすれば治るというのはなんとなく理解されていると思います。

膝も同様で、変形していても本来は痛みを感じないのです。

だから変形しているから痛いということではないということです。

 

 

ではこの膝の痛みの原因は何か?

痛みを引き起こしているのは、骨ではなく、筋肉です。

筋肉の硬さが痛みを引き起こしているということです。

膝が痛い方の特徴として、膝周りやお尻の筋肉が硬く緊張しています。

そのために、しゃがんだり、正座をしようと膝を曲げると痛むのです。

痛みを感じるのは膝関節周囲ですが、それは、太ももの筋肉が膝周りにくっついているために、硬く緊張した筋肉が曲げ伸ばししようとすると、付着している膝周りに一番ストレスがかかるために痛みを感じるということです。

膝が痛いからといって膝関節自体に問題があるというわけではなく、膝の動きに関係している筋肉の硬さが原因ということです。

問題はなぜ膝の動きに関係している筋肉が硬くなってしまうかということです。

この問題を解決しないと、硬いからマッサージで緩める、しばらくしたらまた硬くなる、だからまたマッサージで緩めるという繰り返しになってしまいます。

 

 

膝が痛い方は筋肉を硬くしてしまう体の使い方をしてしまっている

膝が痛い方は、膝の動きに関係している筋肉を硬くしてしまう体の使い方を無意識のうちにしてしまっています。

無意識でしてしまっているために、ご本人は当然気がつきません。

ですが、これが膝の痛みの根本原因です。

 

 

まとめ

・膝の痛みは軟骨がすり減っていたり、関節が変形しているから痛いわけではない。

・変形していても痛みは感じない

・痛みを引き起こしているのは筋肉の緊張

・筋肉を緊張させてしまっているのは、緊張させてしまう体の使い方をしていることが原因

・これを改善することが膝の痛みを根本的に改善するために必要なこと

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さいね!

/category/gonalgia

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る