変形しているから膝が痛いと説明された尼崎のあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「変形しているから膝が痛いと説明された尼崎のあなたへ」についてです。

 

膝が変形しているから痛いんだと思い込んでいませんか?痛みの原因は変形ではありません

中年以降になると膝が変形してきて、徐々に膝の痛みを感じるようになるため、周りの人からも、

「膝痛いの?大丈夫?」

と心配されてしまったという経験はありませんか?

気がついたら膝がO脚に曲がっていて、レントゲンを撮ったら画像を見ながら、

「関節が変形しているから痛いのは仕方ないです。加齢によるものだから、みんなそうですよ」

という、変形して痛くなるのが当たり前のような説明があるため、

「年のせいだから大丈夫」

と大きな病気ではなかったことにかえって安心してしまったり。

でも、変形しているから膝が痛いというのは実は違うんです。

 

 

変形していたいなら、ずっと同じように痛いはずだが、痛くない期間もあるはず

膝の変形は元に戻るということはないので、年をとるごとに進行していきます。

ということは、徐々に変形は進行していくわけだからそれに伴って膝の痛みも増加していくかというとそうではありません。

むしろ、変形の度合いに関わらず膝が痛かったり、痛くなかったりというのを繰り返していくはずです。

高齢者で変形が強く、見るからに膝が痛そうに歩いている方でも全然痛くないという方もいらっしゃいます。

また、膝が痛い方は皆さん経験されていることだと思いますが、冷えると痛くなって、温めると楽になるということありませんか?

温めたからといって変形が元に戻るわけではありませんよね?

でも痛みが改善するという事実はある。

ということは、変形してるから膝が痛いということだけでは説明がつかないですね。

 

 

変形していても痛みを感じないのは、関節部分の軟骨には痛みを感じる神経がないから。痛みを感じるということがないということ

膝の関節部分には骨と骨がぶつかり合わないように動きを滑らかにするための軟骨があります。

この軟骨には痛みを感じる神経は存在していません。

そのため、軟骨が擦れ合ってすり減るから痛みを感じるということはありませんし、見た目にも痛々しいほどに変形していても、痛みを感じないというのはこのためです。

 

 

まとめ

・変形しているから痛いわけではありません

・画像に写るものだけが痛みの原因ではありません

・変形は治らなくても痛みは治ります

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さいね!

/category/gonalgia

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る