膝の治療でヒアルロン酸注射を続けている尼崎のあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の治療でヒアルロン酸注射を続けている尼崎のあなたへ」についてです。

 

ヒアルロン酸注射を続けて大丈夫なのか?いつまで続ければいいのか?本当に良くなるのか?不安ではありませんか?

膝の痛みで整形外科を受診すると、レントゲンを撮って、関節の状態を確認し、状態に合わせて治療を進めていくことになります。

ほとんどの場合、「すぐに手術しましょう」とはならず、まずは電気治療、ホットパック、ストレッチや運動指導のリハビリから始まり、痛みが強い場合には痛み止めが処方されます。

それでも痛みが軽減されない場合、痛みが強い場合にヒアルロン酸注射が処方されます。

  •  

膝の痛みにヒアルロン酸注射をする理由

ヒアルロン酸とは何か?

ヒアルロン酸とは、肌組織内にも存在するものですが、関節の中を満たしている関節液の中に含まれている成分です。

ですので、もともと膝関節に存在する成分です。

この関節液のおかげで、膝をスムースに動かすことができています。

 

膝関節のヒアルロン酸が減少する

膝関節に痛みを感じるような炎症を起こしている状態の場合、関節液内のヒアルロン酸は減少していることが多いということが分かっています。

これは、膝関節の炎症により、関節液内に含まれるヒアルロン酸が分解され、その濃度が下がることが原因とされています。

その結果、膝関節を滑らかに動かすことができなくなってしまい、痛みを感じるようになってしまうということが考えられています。

そのため、ヒアルロン酸を補充することで、関節液のクッションの役割を取り戻させようという考えで注射をするということです。

 

ヒアルロン酸注射をするメリット

メリット

膝の痛みが和らぐ:注射直後から痛みが和らぐことが期待できます。

膝が滑らかに動くようになる:膝関節の潤滑油のようなものなので、注射することで、関節内の動きが滑らかになり、動かしやくなる。

副作用のリスクが少ない:ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、副作用を起こしにくいと考えられています

(効果には個人差があります)

 

ヒアルロン酸注射をするデメリット

効果が短い:注射されたヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、効果はそれほど長続きしません。1週間経たないで効果が切れると考えられています。

定期的な注射が必要:効果の持続期間が短いため、継続して注射する必要があります。

慢性的な状態には不向き:初期の膝の痛みには効果を発揮しやすいですが、症状が進行している場合には効果がないことがあります。

関節組織の損傷を改善するものではない:痛みを和らげて、痛みの進行を食い止めることはできても、関節の状態を元に戻すわけではない

 

まとめ

・ヒアルロン酸はもともと体に存在する成分なので、副作用は少ない。

・直後効果は実感しやすいが、持続期間が短いので、定期的に注射する必要がある

 

膝痛の詳細に関してはコチラ!!

 

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る