股関節が痛いのは筋力が落ちているからだと考えている尼崎のあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「股関節が痛いのは筋力が落ちているからだと考えている尼崎のあなたへ」についてです。

 

筋力が低下したから股関節が痛くなったんだと考えて筋トレを頑張っていませんか?股関節の痛みと筋力は関係ありません

股関節が痛くなって病院に言ってお医者様がやってくれることは、

  • レントゲンを撮って関節の変形具合を見る
  • 痛み止めと湿布を処方
  • リハビリに通って電気とマッサージをするように指導
  • 痛みがひどくなったら手術しましょう
  • 体重を減らしましょう
  • 筋力をつけましょう

以上のようなことではありませんか?

つまり股関節が痛い今の状態を改善するために必要な、

  1. なぜ痛くなったのか?
  2. この痛みは何なのか?
  3. なぜ悪化しているのか?
  4. どうすれば良くなるのか?

を説明してくれないのではありませんか?

股関節が痛い原因をレントゲンで見た関節の変形具合でしか判定していないのではありませんか?

もし関節が変形している、軟骨がすり減って痛いとのことであれば、

  1. なぜ軟骨がすり減ってしまったのか?
  2. すり減らないようにするにはどうしたらいいか?
  3. すり減っている状態で毎日どのように生活していったらいいか?

についての説明がなければ対処法もわからないですよね。

股関節の辛い症状を改善するためには痛みの原因を知ることが第一歩です。

  •  

股関節の筋力が落ちるから股関節が痛くなるのか?

股関節が痛くなると

「股関節の筋力をつけるために筋トレをしましょう」

と指導されます。

これは、筋力が落ちたから股関節が痛いんじゃないかという考えと、変形している股関節を筋力でカバーしましょうという考え方からですが、本当に筋力が必要なのでしょうか?

 

 

筋力が落ちたから股関節が痛くなる?

もし股関節の痛みに筋力低下が関係しているのであれば、筋力が低下している高齢者は股関節が痛くならなければおかしいはずですが、そうではないですね。

 

 

変形した関節を筋力でカバーする?

これは、変形した関節が損傷して痛みを起こしているので、関節に負担をかけないように筋力でカバーしましょうという考え方だと思われますが、そもそも関節自体が損傷していたいということはないのです。

関節が変形する原因は関節軟骨がすり減ることです。

この軟骨がすり減ることで、軟骨と軟骨が擦れ合って痛みが出ているという説明がお医者様からもあると思いますが、この軟骨には痛みを感じる神経が存在していません。

そのため、実際には痛みを感じることはないのです。

痛みを感じることがないのであれば、股関節を筋力でカバーする必要はないので、筋トレをする必要はないのです。

 

 

まとめ

・股関節の筋力が低下して痛みが出ている訳ではない

・股関節の軟骨がすり減って、軟骨が擦れ合うから痛みを感じるわけではない

・股関節の痛みを改善するために筋トレは必要ない

 

・膝痛の詳細に関してはコチラ!!

・腰痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る