膝の痛みを改善するためには何をしていけばいいかを尼崎市武庫之荘のあなたにお伝えします

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の痛みを改善するためには何をしていけばいいかを尼崎市武庫之荘のあなたにお伝えします」についてです。

 

膝の痛みはすぐには良くなりません。でも何をすればいいかがわかれば確実に改善します。

  •  

膝の痛みが改善しないのは、運動、減量、筋力強化をすれば良くなるという間違った指導が常識になってしまっているから。あなたに原因があるわけではありません。

膝が痛くなって病院に行くと、まずレントゲンで検査をします。

そこで膝関節の状態を確認して、その後の治療方針を決定します。

多くの場合は、痛み止め、湿布が処方されて、リハビリとして電気治療、温熱治療、マッサージが行われ、自宅でもできるように筋力強化の運動が指導されます。

ですから皆さん膝を良くするために一生懸命運動されています。自主的にスポーツクラブに通われている方もいらっしゃいます。

一生懸命やっている証拠に、イスに座っていれば無意識でも膝の曲げ伸ばしをやっているような方もいます。

それだけ意識されていますが・・・膝の痛みは良くなっていますか?

良くならないことを、年齢、体重、仕事、変形のせいだと思っていませんか?

これらは全て間違いです。

これだけ努力しても膝の痛みが良くならないのは、あなたの体や生活環境のせいではありません。

膝の痛みの本当の原因は何なのか?

なぜ指導されたように努力しても良くならないのか?

どうすれば良くなるのか?

これを患者様の治療に関わる専門家が正しく伝えられていないことが原因です。

正しく伝えられず、患者様が間違った理解をしてしまい、間違った行動をしてしまっているから良くならないのです。

 

 

膝が痛くなり始めて不安だった頃は良くするために努力した。いつしかそれが、良くすることではなく努力することが目的になっていませんか?

特に膝の痛みが長期的になってしまっている方の場合は、運動は習慣になっていても、膝が痛いことも毎日の当たり前なことになってしまっていて、心の奥では、

「膝はもう良くならないんじゃないか?でも何とか悪くならないようにしたい」

と良くなることを諦めてしまい、現状維持が目標になってしまっている方もいると思います。

痛みがで始めた頃は、治すために通院して、運動、減量も意識して・・・

いつしかそれが、良くするためではなく、現状維持が目的になり、さらに運動することでの自己満足、安心感が目的になってしまい・・・、さらにはスポーツクラブやカーブスに行けば同じ悩みを抱えた仲間がいるから仲間に会っておしゃべりすることが目的になってしまう・・・

当院にはそのように、膝の痛みはもう治らないと諦めてしまっていた方が大勢いらっしゃっています。

 

 

ウォーキング、スポーツクラブで筋トレ、自宅でも筋トレ・・・色々やっても良くならないのは、良くするための方向がずれているから。方向がずれてしまうのは、なぜ膝が痛いのかの解釈が間違えているから

膝に痛みを感じるのは、膝を動かした時、膝に体重がかかって力が入った時ですね。

つまり膝に負荷というストレスがかかった時に痛みを感じるわけです。

それなのに、筋トレをしてさらに膝にストレスをかけ続けてしまったら膝は耐えられなくなってしまいます。

人もストレスを受け続けたら耐えられなくなってしまいます。

思い切ってストレスを抜いてあげたらどうですか?

ストレスが少なくなったら楽になりますよ。

 

 

まとめ

当院での膝の治療方針は膝のストレスを抜いていくことです。

大事な膝を痛め続けるのはやめてください。

ストレスが少なくなれば膝の痛みは改善しますよ。

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さい!

・膝痛の詳細に関してはコチラ!!

・腰痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

・坐骨神経痛の詳細に関してはコチラ!!

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る