椎間板ヘルニアと診断され手術が必要なのかと今後が不安なあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「椎間板ヘルニアと診断され手術が必要なのかと今後が不安なあなたへ」についてです。

 

椎間板ヘルニアと診断されてもすぐに手術をしなければいけない状態の方はほとんどいない

椎間板ヘルニアで手術をしても再発してしまい、再手術を選択してしまう方もいらっしゃいます。

なぜヘルニアは再発してしまうのか?原因を解説していきます。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(厚生労働省委託事業)によると腰椎椎間板ヘルニアの絶対的手術適応は急性の重篤な膀胱直腸障害や足を動かしにくい筋力低下が認められる場合

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインによると、

「緊急で手術が選択されるのは膀胱直腸障害(トイレの感覚が分からなくなってしまう)や神経根の脱落症状(足がブラブラするように力が入りにくくなってしまう)症状が見られる場合のため、その頻度は高くない。

一方で発症当初に著しい疼痛が認められても、保存療法だけで支障なく生活できるようになることも多いので、発症初期は保存療法が基本となる」

とあります。

MRIでヘルニアとの診断を受けてしまうと

「手術しないと治らないのか・・・」

と考えてしまう方が多いですが、椎間板ヘルニアの診療ガイドラインにもある通り、手術がすぐに必要になるということはほぼありません。

まずは痛み止めやブロック注射などの保存療法が選択されます。

 

 

「ヘルニアだから痛い」と説明されるが、手術でヘルニアを摘出しなくても良くなるという矛盾

ヘルニアがあるから痛いと画像を見せられながら説明を受けるから、

「ヘルニアだから痛いんだ・・・」

と納得してしまいますが、ほとんどの方が手術をしなくても改善します。

当然ヘルニアは簡単に引っ込んだりしません。

ということは、「ヘルニアだから痛い」というお医者様の説明はなんだったのでしょう?

ここにヘルニア=症状という病院での説明に矛盾があるというのが実際のところです。

 

 

まとめ

・ヘルニアで早急に手術が必要になるケースはほとんどない。

・ヘルニアを摘出しなくても痛みは改善します

 

 

 

山口鍼灸整体院では、腰痛の患者さんに対して数百人施術をさせて頂き、施術後は皆さん笑顔で帰宅されることが多く安心して日常生活を過ごされる方が多くおられます。

治療院に来るのが難しい方には訪問し施術を行っております。

 

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さい!

・膝痛の詳細に関してはコチラ!!

・腰痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

・坐骨神経痛の詳細に関してはコチラ!!

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る