坐骨神経痛で手術を考えているあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「坐骨神経痛で手術を考えているあなたへ」についてです。

 

坐骨神経痛の手術を決める前に考えて欲しいこと。坐骨神経痛は手術しなくても治ります

坐骨神経痛のひどい痛みをしびれで、足を切り落として欲しいほどに辛い毎日を過ごされていると、手術はしたくないけど、早くこの辛さから解放されたい・・・と手術しようか迷われている方も大勢いると思います。

手術をすればこの症状がすっきり良くなるとイメージされているかもしれませんが、実際には、

「痛みは取れたけどしびれが残った」

「手術して最初の2ヶ月は良かったけど、また元に戻って再手術を勧められている」

「手術したけど大して良くならなかった」

というケースも多いのが実際のところです。

 

なぜ手術をしても完全に良くならないのか?それは坐骨神経痛の原因を間違えて認識したまま手術してしまうから

一般的に坐骨神経痛の原因は、

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・すべり症

によって変形した組織が神経を圧迫することによって坐骨神経痛が発症すると考えられています。

そのため、この画像上で判断できる組織の異常を原因とみなして手術をするわけですが、それでも症状が良くなる人と、良くならない人がいるのは、原因とみなしている対象が実は原因ではないからではないでしょうか?

 

 

もしヘルニアや背骨の変形が坐骨神経痛の原因なのであれば、その症状は手術でしか改善されないはず。でもしばらくするといつの間にか治ることがほとんど。

ヘルニアやすべり症のように明らかな構造上の変化によって坐骨神経痛が発症しているのであれば、しばらくしたら症状を感じなくなっていたという事実はどうやって考えればいいのでしょうか?

・飛び出したヘルニアが数ヶ月で元の場所に引っ込んだ?

・変形した背骨が変形してない状態に戻った?

・圧迫されていた神経の位置がずれた?

このようなことが起きるのでしょうか?

体の構造がそんなに簡単に変化してしまったら大変です。

 

 

そもそもヘルニアや背骨の変形が坐骨神経痛の原因ではないから手術をしなくても治るということ

病院では坐骨神経痛の原因を画像でしか判断しませんよね?

だから画像上の異常でしか判断することができないのです。

逆に、

「画像上は異常がないけど坐骨神経痛」

という症例には

「異常がないんだから痛み止めで様子を見て。」

「異常がないのに痛いなら神経内科を紹介しますよ」

ということになってしまうのです。

 

 

まとめ

・坐骨神経痛の原因は画像での判断だけでは不十分

・本当に手術が必要なのは、坐骨神経痛全体の5%以下と言われています

 

 

山口鍼灸整体院では、坐骨神経痛の患者さんに対して数百人施術をさせて頂き、施術後は皆さん笑顔で帰宅されることが多く安心して日常生活を過ごされる方が多くおられます。

治療院に来るのが難しい方には訪問し施術を行っております。

 

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さい!

・膝痛の詳細に関してはコチラ!!

・腰痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

・坐骨神経痛の詳細に関してはコチラ!!

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る