尼崎市、腰が痛い!!病院に行くべき?

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「腰が痛い!!病院に行くべき?」についてです。

 

あなたは今まで、整形外科クリニックや病院に受診したことがあるでしょうか?

腰が痛い時、改善できる場所は?

・病院(総合病院、整形外科クリニック、ペインクリニック)

・接骨院、整骨院、鍼灸院

・整体院

・リラクゼーションサロン

などです。

あなたはどこに行かれますか?

総合病院に関しては、クリニックなどから、紹介状が出してもらわないと受診できない法律に変わってきてますので、ご注意ください。
では、どのような治療が行われることが多いかをご紹介していきます。

 

病院(総合病院、整形外科クリニック、ペインクリニック)

病院ではまず、当たり前ですが、治療の前に診断が必要です。診断は病院以外にはできないことです。
レントゲン、MRIなどを用いて、診断が行われます。
その結果、ブロック注射、痛み止めの注射、薬の処方、電気治療、牽引などの物理療法が勧められるが主流です。
すべての病院にいるわけではないですが、理学療法士や作業療法士、柔道整復師などの国家資格を持つ身体の専門家を雇って、リハビリテーションを実施できるところもあります。

 

接骨院、整骨院、鍼灸院

国家資格を持つ、柔道整復師または鍼灸師がいる治療院です。
接骨院や整骨院では主に、怪我をしたときの初期処置、施術をしてくれる場所です。怪我のときは保険が使えますが、慢性的な痛みなどは、保険制度が厳しくなってきているため、自費で診療を行なっていることが増えてきています。

保険が使える体のお悩みなのか、相談してみてくださいね。
低周波などの電気治療で腰痛を改善したい方は一度行ってみるのもいいと思います。

 

整体院

一番ややこしいのが整体院です。
国家資格を持たずとも整体師と名乗ることができるのです。これは重要なポイントです。

理学療法士や作業療法士の国家資格を持つ人間が、整体院として開業しているケースも増えてきています。

体が疲れているだけならどこの整体に行っても大丈夫ですが、「ひどく腰が痛い」などつらい痛みを抱える方は、しっかり医学的知識を整体院をオススメします。

当院では、施術をするだけでなく、生活での注意点や姿勢指導、運動指導を得意としております。
ただし、保険が使えないため、自費になることだけご注意ください。

 

リラクゼーション院

やることは疲れているところのマッサージが基本です。
ひどく腰が痛い方はオススメできません。医学的知識を持ってないケースが殆どです。

体が疲れて、気持ち良さを求めている方にはいいのではないでしょうか?

以上です。

あなたのお悩みの参考になりましたでしょうか?

 

腰が痛い!!あなたはこんなことしていませんか?

 

1.長時間のデスクワークをしている

長時間のデスクワークは腰痛を起こしやすいです。

デスクワークの際に、特にパソコンなどに向かい合っていると

どんどん前のめりになって、気づくと猫背になったり、

身体がどちらかに大きく傾いてしまいます。

この姿勢は腰の筋肉に大きく負担をかけます。また、長時間

同じ姿勢でいるのも原因となって腰痛になりやすくなります。

できるだけ1時間に1回などペースを決めて立ち上がったりして軽いストレッチを行うようにしましょう。

それだけで筋肉が硬直するのを予防することができます。

ただし、強くひねったりなどは逆に筋肉を痛めてしまうことがありますので、

ゆっくり伸ばす、ゆっくりひねるを心がけましょう。

そして、腰痛が慢性的になっている場合は体のゆがみも

考えられますので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

 

2.重たいものを持つ

仕事で重たいものを持つ、お子さんを抱っこするなど、

ある程度の重量のあるものを抱えることが多い人は、腰を痛めやすいです。

というのも、ついつい手を伸ばして持ち上げたり、中腰のまま勢いで持ち上げたりしがちだからです。

その状態はどうしても腰の筋肉だけで重さを支えることになってしまいます。

腰に負担がかかる持ち方で持ち上げたり、抱っこをしていると必要以上に腰部に負担がかかり「ぎっくり腰」原因にもなります。
まず、荷物を持つ際には、腰と荷物の距離を短くすることで腰にかかる負担が軽減できます。

お子さんを抱っこするときでも、

できるだけ中腰の状態からは持ち上げないようにしましょう。

荷物と違い、日々重たくなっていくので気付きにくいですが、腰への負荷は大きくなっています。

 

3.あぐら、正座、横座りなど床に座ることが多い

男性はもちろんですが、お子さんがいて授乳中のお母さんもあぐらをかくことが増えます。

そして、普段から正座でないと落ち着かない、という人もいます。

そして女性は正座ではなく足を横に折り曲げた横座りをする人もよく見かけます。

これは骨盤にも膝にも悪い状態になることが圧倒的に多いです。

特に固い床にそのまま座ると、あぐらや横座りは骨盤のゆがみが気になります。

正座は膝への負担が増加します。また、冷えによる腰痛も起こりやすいものです。

そしてこれらの座り方は背中が丸まりやすいのも気になります。他の前傾姿勢と同じく、腰に大きな負担がかかり、腰痛になりやすいです。
床に座る時はできるだけ下に柔らかい敷物などを置きましょう。

固ければ固いほど骨盤がゆがみやすくなります。また、座る際にポケットに物を入れたりするのも避けましょう。

横座りはせめて足を左右変えるようにしてください。

 

4.家事仕事での前傾姿勢

掃除機がけ、洗濯、料理、食器洗い、拭き掃除、片付け、ゴミ出し、風呂掃除、トイレ掃除、

すべての家事が前傾姿勢になります。

体が常に前傾しているので慢性的な腰痛に移行している方も

多いのではないしょうか。この姿勢をとり続けいている方は、

体の歪みが出てしまっている方が大半なので、マッサージや湿布を

貼っても効果はあありません。

1日の中で体を休息させる時間を20分ほどでいいので取ってあげることが

大切になります。休息の時間としては、

昼間の12時から15時の間の20分だけで良いので

仰向け(顔が天井)で腰を伸ばしながら休息させてあげましょう。

 

 

あなたにも意外と多くの腰痛につながる生活習慣があったのではないでしょうか?

少し意識を変えるだけでも腰痛を防ぐことはできます。是非役立ててください

※施術効果には個人差があります

070-3513-00

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る