尼崎市、仙腸関節の痛みによる腰痛

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「仙腸関節の痛みによる腰痛」についてです。

 

その腰痛、仙腸関節の痛みかも?

腰痛に悩む日本人の数は、1000万人以上いると言われています。つまり、約10人に1人が腰痛持ちである。腰痛の原因は、腰の骨や筋肉の障害、ストレス、内蔵の病気など様々だが、全て合わせると日本人の90%が一生に一度は腰痛を経験すると言われれいます。その腰痛の中でも多いのが、仙腸関節のズレによる腰痛です!

 

仙腸関節痛が出る場所

尾てい骨の周辺に痛みを感じたら、仙腸関節の痛みによる腰痛である可能性が非常に高いです。
仙腸関節のズレによる痛みであるとしたら、、、
筋肉に問題があるわけではないので、マッサージは効きません。
電気治療は気休めにもなりません。
湿布では仙腸関節のズレは改善しません。
塗り薬でも、痛みは引きません
牽引は、ズレをさらにひどくさせる恐れがあります。

このようなことをしても、改善しないんです。なので、知識のある方に診てもらわないと慢性化してしまいます。

 

なぜ、仙腸関節が痛くなる?

仙腸関節は骨盤の仙骨腸骨の間の関節です。関節といっても靭帯でしっかりと、固定されいますので普通であればほとんど動きません。動いても数ミリ以下の動きです。ですが、骨盤自体は頭や背骨を下から支える土台であり、また足腰を動かす主軸となる重要な部分です。そのため姿勢が悪かったり、足を組むなどでゆがんだり、水平な骨盤が加齢にともなって前に傾いたりします。そして、背骨や頭蓋骨など、上半身すべての骨にゆがみなどの影響を与えます。その結果、腰が曲がり姿勢が悪くなって腰痛を発症します。

仙腸関節の隙間は非常に狭く、少しの衝撃が加わったり、悪い姿勢や生活習慣を続けたりしただけでも、関節の左右にある仙骨と腸骨が互いに乗り上げたり、ひっかかったりして動きにくい状態(仙腸関節のズレ)になります。こうした状態は、何かの拍子に自然に外れることもありますが、大抵はズレたままです。さらにその状態を放置していると、ズレたままの状態で関節が固まってしまうことが多く、元の正常な状態に戻る可能性が低くなります。

 

つまり、

悪姿勢によって仙腸関節のズレが生じて、炎症を起こしてしまい、痛みが強くなるということです。

さらに、

骨盤に異常が生じると、その影響で背骨にも異常が生じて腰痛が起こりやすくなるというわけです。

 

仙腸関節がズレる原因

ズレが起こる原因は様々ですが、基本的に腰に負担をかける要因や生活習慣は全て当てはまると思って下さい。

・前かがみや中腰の姿勢、腰を反らす姿勢をとっている
・座りっぱなしや立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢をとる
・転倒、スポーツで腰に衝撃を受けた
・長時間、自転車に乗る
・体育座り、横ずわりをする習慣がある
・出産

 

腰に疲れ、だるさ、コリ、張りといった違和感や不快感、または軽い腰痛などを感じている場合、仙腸関節にも小さな不具合が生じはじめている可能性があります。普段の軽い痛みを放置していると、知らず知らずのうちに痛みを避ける動き方や姿勢をとってしまい、そういう無理な力のかけ方が仙腸関節のズレやひっかかりを生みやすくします。仙腸関節のズレが進行しないよう、症状が軽いうちから早めに関節の不具合を治しておくことが大切です。

 

仙腸関節は腰への負荷を和らげる役割

仙腸関節は微妙に動く”遊び”の部分を持つことによって、腰椎にかかる負荷を小さくするクッションのような役割を果たす重要な部分です。背骨も緩やかなS字カーブの形状によって、バネのように腰にかかる負荷を吸収・分散する働きがあります。こうした背骨と仙腸関節が連動することで、体の重心やバランスをコントロールしています。仙腸関節に不具合が生じ、クッション機能の要であった僅かな隙間(遊び)がなくなってしまうと、逃げるはずの力が逃げていかないため、腰椎は上半身の全ての重みを一身で支えなければならなくなります。腰に大きな負荷がかかるようになり、筋肉疲労による腰痛や、椎間板ヘルニアなどの腰椎の変性による腰痛が起きやすくなります。

 

仙腸関節がズレると

仙腸関節がズレると、腰痛が起きてしまうだけでなく、様々な症状が起きます。

・筋肉が固くなることで血流の悪化
・代謝の低下によって太りやすくなる
・冷え
・むくみ
・肥満
・生理痛、生理不順
・不妊
・便秘

など、腰痛以外の不調が体のあちこちに現れてきます。

 

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は腰痛に悩んでいるあなたへ、仙腸関節についての話をしてきました。痛みが出てしまうばかりでなく、仕事や趣味活動ができなくなってしまう怖いものです。「もう一度好きな運動や旅行がしたい!」

 

あなたが本気でそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。多くの方がそんな時間を手に入れています。

 

※施術効果には個人差があります

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る