坐骨神経痛はレントゲン・X線で診断できるのか?

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「坐骨神経痛はレントゲン・X線で診断できるのか?」についてです。

 

あなたは次のような経験はありませんか?

腰や足に痛みがある。痺れが出できた。腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛を疑い病院に行って、レントゲンやMRIを撮ってもらったけどお医者さんには「異常はありません」と診断された。なんてことはありませんか?

こういった方というのは、実は結構多いです。

病院で異常なしと言われてしまえばどうしていいのか分からなくなってしまいますよね。

 

「坐骨神経痛の疑いでもレントゲンやMRIで異常なしと診断された」

について説明していきます。異常ないと言われても安心はまだ早いです。

坐骨神経痛 レントゲン

 

 

坐骨神経痛の原因はレントゲンでは分からない

病院に行った時にまず最初にレントゲンを撮られる事が多いと思います。

そしてレントゲンだけ撮って「骨には異常がありません」と言われて診断が終わる場合が多いと思います。

坐骨神経痛が発生しているという事は、腰椎(腰の骨)周辺での神経の圧迫が考えられます。こういった神経の圧迫の多くは軟骨の変形などで発生する神経の圧迫です。このような軟骨の変形や神経の圧迫はレントゲンでは写りません。

 

大事な事なのでもう一度言いますね。

軟骨や神経はレントゲンでは写りません。

軟骨や神経の圧迫はMRIじゃないと診断は出来ないです。つまりレントゲンだけの診断では不十分ということです。(腰椎分離すべり症によって神経を圧迫している場合はレントゲンでも診断は可能です)

そのためもしレントゲンだけ撮って異常なしと診断されたのであれば、MRIを撮ってもらうか病院を変える様にして下さい。

 

MRIの診断も絶対的ではない

坐骨神経痛の診断で最も重視されるのがMRIを使った画像診断だと思います。

こういったMRIでの画像診断は非常に有効な手段であると思いますが絶対的ではありません。

MRIなどの画像診断は撮る時の角度が変われば違った写り方になりますし、骨の変形や軟部組織の損傷などは場所にによっては写りにくい場所があるからです。実際に異常があったとしても、画像診断でその異常を見つける事ができない事はありえるという事です。

 

また、大変失礼な発言ではありますが、お医者さんにはそれぞれの専門分野があります。整形外科医であれば誰でも診断できるとは限りません。膝関節を専門にしているDr.、頚椎を専門にしているDr.、肩関節を専門にしているDr.、足関節を専門にしているDr.、脊柱を専門のDr.様々いらっしゃいます。様々な専門分野が整形外科の中でも分かれています。

ですので、異常なしと言われた症状を、別の病院のお医者さんに診てもらうと異常が見つかるという事も結構あります。

異常があっても異常なしと言われる事もあります。

 

そもそも、お医者さんの中には異常がある事を見つけていても「異常なし」と診断される人もいます。

「そんな事あり得るの?」と疑問の声が聞こえてきそうですが本当です。

これは私の持論ではなく、あるお医者さんに直接聞いた事がある話です。

お医者さんはどうしても診断の基準が「手術」に限定される場合が多く、問題点があったとしても「手術」するほどの問題点じゃなければ異常なしと診断される事も少なくありません。

 

例えば

「ちょっと骨と骨の間が狭くなっているけどこれぐらいなら問題ないでしょう」

などのコメントがお医者さんからあった場合は、こういった事が関わっていると考えられます。

お医者さんの中での「問題」や「異常」は、あくまで手術をするべきか否かで語られる場合が多いです。

しかし患者さんからすれば日常生活に問題があるかどうかが重要な訳ですので、どうしてもその部分で意識のズレがある様に感じます。

 

坐骨神経痛・レントゲンのまとめ

坐骨神経痛の診断はレントゲンだけでは不十分です。そのため必ずMRIを撮る様にして下さい。ただし、そのMRIでの画像診断も決して絶対ではありません。様々な理由によって異常や問題があっても「異常なし」と診断される可能性はあります。

もう一度言わせていただきますが実際に異常があったとしても、病院でレントゲンやMRIを撮っても上記の理由で異常なしと診断される事は珍しくありません。そのため異常なしと診断されても治療を諦めない様にしてください。

 

坐骨神経痛の症状は炎症や筋肉の緊張状態も症状には大きく関わりますので、適切な治療を行えば症状が軽減する事も十分考えられます。しかしお医者さんが一度異常無しと判断してしまえば、そのお医者さんの元では異常無しという判断の下で治療を受ける事になります。そういった中での治療ではその症状の回復の可能性は低いと思いますので、その時はお医者さんを変える事をお勧めます。

もしどこに行っていいか分からない、どこに行ってもダメだったという人は、1度私に気軽にご相談してください。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛の治療には自信を持っていますので、きっとお力になれると思います。

 

※施術効果には個人差があります

 

追伸  尼崎市 山口鍼灸整体院

さて、今回は坐骨神経痛に悩んでいるあなたへ、レントゲンについての話をしてきました。坐骨神経痛は辛いです。痛みが出てしまうばかりでなく、仕事や趣味活動ができなくなってしまう怖いものです。

「もう一度好きな運動や旅行がしたい!」

あなたが本気でそう思っているのであれば、当院はお役に立つことができます。

しかし、当院へ来なければあなたの夢実現のお手伝いさえできません。

治らないまま整形外科・整骨院へ通い続けるのは嫌ではありませんか?

その時間があれば、あなたの好きなことに時間を使えます。

多くの方がそんな時間を手に入れています。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る