脊柱管狭窄症を手術しないで治す方法を探しているあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「尼崎市 脊柱管狭窄症を手術しないで治す方法を探しているあなたへ」についてです。

 

もし脊柱管狭窄症で手術を検討しているのであれば、当院なら手術しないで改善することができます

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)で手術をしたくない方のために記事を書いていきます。

  •  

脊柱管狭窄症の9割には手術は必要ありません

中年以上の方が腰痛や足のしびれ、痛みを訴えて病院を受診するとよく言われる診断名の1つが脊柱管狭窄症です。

特に「歩いているとだんだん痛くなってしゃがんだり、座りたくなる。座ってしばらく休むとまた歩けるようになる」という間欠性跛行(かんけつせいはこう)が認められると診断される場合が多いです。

原因として、加齢によって背骨の中にある脊髄が通っている脊柱管が狭くなり、神経や血管を圧迫することで症状が出ると考えられているため、手術を選択されるケースもありますが、当院では脊柱管を広げるような施術をするはずがありませんが、多くの方が症状が改善されています。

当院で脊柱管狭窄症の症状を改善された方のインタビュー動画はこちらをご覧ください。

病院で緊急に手術を勧められた場合を除けば、脊柱管狭窄症の9割は手術しなくても症状を改善することができると考えています。

 

手術を勧められてしまう理由

この画像の説明にもある通り、背骨の構造が原因で症状が出ていると考えられているために、手術をすることで神経と血管の圧迫を取り除くことをしていきます。

また、加齢に伴って背骨の変形も進行していくために、症状も徐々に進行していくとも考えられていますので、注射や痛み止め、リハビリで改善が見られなければ、手術を勧められます。

実際に手術を受けられる方の多くは70代で、近年では80代でも手術を受けられる方も増えているとのことです。

 

手術しなくても改善する理由

 

当院にいらっしゃる患者様の中の多くは病院で手術を勧められたけど、手術したくないからという理由で来院され、多くの方が手術を回避しています。

なぜ手術しなくても改善できるのか?

それは、その症状が脊柱管狭窄症によって出ているからではないからです。

それ以外の原因によって症状が出ていて、検査をしたら脊柱管狭窄症も写ったということです。

脊柱管狭窄症の手術をしても、スッキリ良くなるということが少ないという話を聞いたことがありませんか?

「痛みは取れたんだけど、しびれが残って・・・」

「痛みとしびれが半分にはなったけど・・・」

「手術してから2ヶ月は良かったのにまた同じように再発した」

不思議だと思いませんか?

手術で原因になっている狭くなっているところを広げる手術をしているはずなのにスッキリと良くなるわけでもないのはなぜ・・・?

そもそもそれが原因ではないからです。

 

整体で改善させる方法

脊柱管狭窄症ではなく本当に症状を出している原因に対して治療をして改善すればいいということです。

それは、腰を痛くさせてしまう、足をしびれさせてしまう姿勢や歩き方であったり、股関節、膝、足首の問題であったり、上半身や腕の使い方であったり・・・

それらによって、腰や足に負担をかけ続けてしまうことによって症状を引き起こしているということです。

その原因を見抜き、改善する治療をすることで、背骨が狭くなったままでも症状を改善することができます。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る