膝がひどいO脚に変形!でも手術しなくても痛みは取れます

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝がひどいO脚に変形!でも手術しなくても痛みは取れます」についてです。

 

O脚の変形が治らなくても痛みは治ります!

膝の変形が悪化して、くの字に大きく曲がってしまうと手術をして変形を治さないと痛みが取れないんじゃないかと思ってしまいますよね?

しかし、変形がそのままでも痛みは治すことができます。

この記事は変形を治さなければ、膝の痛みは治らないんじゃないかと手術を検討している方のために事実をお伝えしていきます。

  •  

膝が変形していても痛みは治すことができる

この画像を見ると関節の隙間がなくなっていて、骨と骨がぶつかりそうだから、歩いたら痛そうに見えますよね?

この記事を読んでいるあなたも病院でレントゲンを撮って同じような感想を持たれたと思います。

しかし、当院には膝が大きく変形している方もたくさんいらっしゃいますが、痛みなく歩けるようになっているという事実があります。

 

変形しているから痛いという間違った思い込み

膝が痛い理由を、

  1. 関節が変形して隙間が狭くなり、骨と骨がぶつかるから痛い
  2. 関節の軟骨がすり減るほど擦れ合うから痛い
  3. 変形して骨が曲がってるから痛い

のようにイメージされていませんか?

実はこれらは全て間違いです。その理由を解説していきます。

 

1、骨と骨がぶつかって痛い?そんなはずはありません

確かにレントゲン画像のように変形していると、関節のバランスが崩れているから歩くたびに骨と骨がぶつかっていたそうな感じがしますよね。

だとしたら、毎日歩くたびに一歩一歩同じように痛みを感じるはずですが、実際にそう感じますか?

おそらく、痛いとはいえ痛みの程度には差があるはずだし、その日によって痛みが強い日もあれば、楽な時もあるはずです。

1日で考えても、調子のいい時間帯と痛みが強くなる時間帯があるはずです。

ということは・・・骨がぶつかっているのに痛い時と楽なときがあるわけだから、痛みの程度は骨だけでは考えられないということになります。

つまり、それ以外に痛みの程度を左右させている原因があるということ。

 

2、関節の軟骨がすり減って擦れ合うから痛い?そんなはずはありません

関節の連結部分には軟骨という、クッションの役割と関節の動きを滑らかにするための骨とは違う、柔らかい部分があります。

この軟骨がすり減って擦れ合うことによって痛みが出るのであれば、動かすたびに痛いはずです。

痛みがマシな時には擦れ合わなくなるように、骨格がずれているということはないはずです。

痛い時もマシな時も擦れ合っている。ということは軟骨は痛みとは関連がないと考えられませんか?

 

3、変形して骨が曲がっているから痛い?そんなはずはありません

骨が曲がってて痛いなら、何をしていようが四六時中痛いはずです。

60歳以上になると、手の指のが変形して曲がっているという方がたくさんいますが、それも見た目には痛そうですが、実際にはなんともありません。

骨が曲がって痛いということも、イメージだけということです。

 

変形は治らないが痛みは治る

変形してるから痛いのいうのは、イメージだけであって、実際に症状とは一致しません。

ということは、他のことが原因で痛みが出ているということです。

その痛みを出している本当の原因に対して治療すれば、変形はそのままでも痛みは治るということです。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る