股関節痛が整体で改善する理由

皆さんおはようございます!!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「股関節痛が整体で改善する理由」についてです。

 

病院でも良くならない股関節の痛みがなぜ整体で改善するのか知りたくないですか?

股関節の痛みが良くならないから、何件も病院に行って、検査をするけどどこに行っても言われることは同じ。「関節の隙間が狭い、関節の被りが浅い、変形している、減量しましょう、筋力つけましょう」最終的には「年のせい」と言われ、リハビリでやること結局同じ・・・

これで本当に良くなるか、もっと別の原因があるんじゃないかと不安だと思います。そのような方のために、股関節の痛みが改善しない理由、整体で改善する理由について解説していきます。

病院で検査をして、リハビリをしても改善しない理由

病院に行くと、レントゲンやMRIで検査をします。どこに行っても同じように検査をしてくれるはずです。しかし・・・だから良くならないのです。どの病院で検査をしても結果は同じはずです。結果が同じであれば、治療もリハビリもやることは当然同じになってしまいます。同じことをしていたら、結果も同じになってしまいます。結果を変えるためには、違うことを取り入れてみるということが必要ではないでしょうか?

 

画像診断では動きのない状態で骨、関節を見ています。股関節は動くと痛いのだから、動きを見ないと痛みの原因は分からない

なぜ、レントゲンやMRIで検査をして、その結果に基づいて治療をしているのに、股関節の痛みが改善しないのか?

画像検査では骨、関節を見ています。骨や関節の異常を探して、その結果に基づいて治療をして良くならないのであれば、痛みの原因は骨や関節ではないということです。

股関節が痛いとはいえ、股関節を構成しているのは、骨と関節だけではありません。筋肉や神経、血管、靭帯があり、膝や腰、反対側の足とも位置的な関係でお互いに影響しあっています。

また、股関節痛は動いた時に痛いということが特徴です。なのに、痛みが出ない動かない状態での画像診断でどれだけのことがわかるのでしょう。

 

股関節の痛みが整体で改善する理由

整体では画像検査はしませんし、画像を元に施術するようなことはありません。

股関節は動いた時に痛むのが特徴です。つまり、痛みの原因は動きの中にあるということです。痛みのない状態で画像診断をしても本当の痛みの原因がわからないのはこのためです。

整体ではこの動きに着目して痛みの原因を探っていきますので、そもそも病院とは見ているところ、考え方が違います。

何件も病院に行っても良くならないのであれば、治療に行く場所を変えてみてはいかがですか?

当院には股関節の手術を宣告されている人や実際に手術をしたという人もいらっしゃっています。そのような方でも、動作の中から痛みの原因を探っていくことで、本当の痛みの原因が見えてきます。

痛みの原因が分かったらそこを改善していくためのアプローチをしていけば、症状は改善していきます。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る