膝の裏が痛くて膝を伸ばせない尼崎市武庫之荘のあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の裏が痛くて膝を伸ばせない尼崎市武庫之荘のあなたへ」についてです。

 

膝が伸ばせなくなってしまう理由は変形でも、筋力でもありません

膝が痛くて、気がついたら膝が伸ばせなくなっていたということはありませんか?

膝の変形が悪化してしまうと、関節が固まってしまって伸ばせなくなるということはありますが、そこまでではないにも関わらず、膝が伸ばせないということは、そうなってしまう理由があるからです。

膝を曲げたまま歩くことは、それだけで膝に負担をかけてしまいます。

膝が伸ばせなくなってしまう原因について解説していきます。

 

 

膝がのばせなくなる、膝を曲げたままの生活をするということは、膝は常に空気イスをしているのと同じ状態になっている。これでは常に膝に負担をかけてしまいます

立ったまま軽く膝を曲げて、しばらくそのままでいてみてください。立ってるだけでも筋トレをしているのような感覚ではありませんか?

膝が伸びなくなってしまうというのは、この状態と同じということです。

この状態で毎日生活していたら、立っているのも、歩くのも嫌になってしまいますよね?

この状態を続けていると、

  • いつも太ももが疲れる、張る
  • 膝が痛くなる
  • 長時間立っているのも嫌になる
  • 反対側の膝が痛くなる
  • お尻や腰が痛くなる

以上のような症状も出るようになってしまいます。

 

 

膝が伸ばせなくなってしまうのは変形でも筋力低下でもありません。体の使い方が不自然になっているからです

膝が伸ばせない方の足にしっかり体重を乗せられていますか?

膝に痛みがあったり、膝が痛くなりそうだからという理由で体重を乗せないようにしてしまっていると、膝は軽く曲がった状態になります。

この姿勢が太ももやふくらはぎの筋肉を硬く緊張させてしまい、膝を伸ばせないようになってしまいます。

 

 

膝が伸びない側にしっかり体重を乗せて立ってみましょう。しっかり乗せられれば、膝が自然と伸びて楽に立てるようになります

膝が痛いと「何となく負担をかけないように」や「痛いから体重を乗せられない」という意識が働きます。

その方が良いような感じもしますが、でも膝を曲げていたら不自然な立ち方、歩き方ですよね?

不自然な体の使い方は、体に不自然な負担をかけてしまい、余計に膝を悪化させてしまいます。

自然な体の使い方が膝に負担をかけず、膝が曲がったままにならない体の使い方です。

 

 

まとめ

・膝が伸ばせなくなってしまうのは、伸ばせなくなってしまうような体の使い方をしてしまっているから

・人は痛みや体に不安を感じると不自然な行動を取り始めます。不自然なことは体に余計な負担をかけてしまいます

・自然体な体の使い方をしましょう

 

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さい!

・膝痛の詳細に関してはコチラ!!

・腰痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る