膝が変形しているから痛いと勘違いしている尼崎市武庫之荘のあなたへ

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝が変形しているから痛いと勘違いしている尼崎市武庫之荘のあなたへ」についてです。

 

膝が変形しているから痛いというお医者様の説明には矛盾があります。その矛盾を解説していきます

  •  

膝の軟骨がすり減ってるから、変形してるから、仕事で負担がかかるから・・・と膝の痛みは治らないものだと思っていませんか?

整形外科でレントゲンを撮ると、

「膝の軟骨がすり減ってるから関節がこすれ合って痛みが出ています」

「年相応に変形しているからしょうがないですね」

と画像を見せられながら説明を受けたと思います。

このように自分の膝の状態を画像で見せられ、加齢によるものだから痛みが出ていますと説明されてしまうと、関節の構造的な問題だから、もう治らないんじゃないかというイメージが出来上がってしまいます。

そのため、関節にかかる負担を減らすために筋トレ、ダイエットをして、痛ければ痛み止めと注射で様子を見ましょうという治療方針になってしまいます。

 

変形しているから痛い・・・?実はこの説明にはいくつかの矛盾があります。この矛盾に気がつくことが膝痛治療の第一歩

上の画像のように変形している自分の膝を見てしまうと

「変形してるから痛くてもしょうがないな」

と思い込んでしまいますが、変形しているから痛いわけではありません。

変形していても痛くないということを、あなたも必ず経験しているはずです。

これから膝の痛みの矛盾を解説していきます。

 

 

矛盾1、変形していて痛いなら、毎日、朝から晩まで同じように痛いはず。本当にそうですか?痛みの状態には波がありませんか?

関節の間が狭くなって、動かすご骨と骨が擦れて痛いのであれば、動かすたびに痛みが出なければおかしいですよね?

しかし、本当に毎日同じように痛みますか?

逆にそんなに痛みを感じない日がありませんか?

さらに1日の中でも痛みには波があるはずです。

痛みが少ないということは、関節の隙間が広がっているということでしょうか?

そんなことはないはずですよね。

ということから、関節だけが痛みに影響を与えているということは考えにくいということです。

 

 

矛盾2、お医者様は関節が変形しているから痛いと説明してくれたはずが、すぐには手術を勧めないはずです。これは変形していても痛みが治まることを知っているからです。

歯が痛くなって、虫歯が見つかれば歯医者の先生は、

「虫歯があります。すぐに削って虫歯の治療をしましょう」

とその場で虫歯になっている部分を治療してくれるはずです。

「虫歯がありますが、痛み止めで様子を見ましょう」

とは言いませんよね?

これは虫歯を放置していたら、良くならないし、悪化してしまうから。

膝も同じような説明をしながら。痛み止めで様子を見ましょうと放置するのは、変形はそのままでも痛みが治まることを知っているからではないでしょうか?

 

 

矛盾3、変形が加齢に伴って進行していけば、痛みはどんどん強くなるはずです。しかし、変形が強くても痛みを感じない人もいます。周りにそんな高齢の方いませんか?

このような状態を見ると相当痛いんじゃないかと思うかもしれませんが、変形が進行して、このような状態になってしまっても痛みを感じない人もいます。

高齢で変形してるけど痛くないという人、周りにそんな方いませんか?

不思議に思うかもしれませんが、意外に多いです。

膝の変形は加齢に伴って進行します。

もし変形が痛みの原因なら、高齢の方は皆さん膝が痛いということになってしまいます。

 

 

まとめ

・膝が変形しているから痛いというイメージが強いかもしれませんが、このように行くつもの矛盾があります

・まずはこの矛盾に気がつくことが膝治療のスタートです

 

 

もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さい!

・膝痛の詳細に関してはコチラ!!

・腰痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

・股関節痛の詳細に関してはコチラ!!

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る