尼崎市、腰痛なく長時間座れる座り方はこれ!

皆さんおはようございます!

尼崎市で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「腰痛なく長時間座れる座り方はこれ!」についてです。

 

長時間、座っていられない腰痛

・車を運転していると腰痛が気になる
・映画館でじっと座ってられない
・長時間のデスクワークで仕事に集中できない

このような方はもしかしたら「座り方」を工夫するだけで腰痛が改善する可能性があります。この「正しい座り方」をお伝えしていきたいと思います!生活の中で一番腰に負担のかかる姿勢はご存知でしょうか?そうです。座っている時なんです。
ちなみに、
座る>立つ>横になる
の順に腰に負担がかかります。なので座る姿勢を見直すだけで腰にかかる負担はグッと減らすことができます。ぜひこの記事を参考にしてください!

 

1.「しっかり座る」腰痛 座り方

「正しい座り方」って聞くとどんなイメージがありますか?
・背筋をピンッとする
・猫背にならないようにする
・背もたれを使わない
こんな感じでしょうか?
座り方

実はこれ間違いです。むしろ意識的に背筋を伸ばしている方が腰や背中にストレスを作ってしまうため腰痛の原因になることもあります。大切なのは座っている時に、どこで体重を受けるかが大切です。

 

座った状態でどこに圧を感じますか?

1 おしり全体
2 尾てい骨
3 背中
4 もも裏
大体の人は「お尻のお肉全体」で捉えてるイメージだと思います。実はこれも間違った座り方です。この状態だと、身体の差を腰部で受けてしまうため、腰椎に負担やストレスが生じて腰痛の原因になります。
では、どんな状態で座るのがベストなのか??
「坐骨」で座面を捉えること。これがしっかり座るポイントになります。これができると格段にデスクワークが楽になりますよ!

 

2.坐骨で座る 腰痛 座り方

座面にあたる骨は「骨盤」になります。では骨盤のどこで支えることがベストなのでしょうか?

答えは「坐骨」です。

漢字の通り座る骨と書くだあって、座るための骨です。姿勢が崩れたり、腰痛をお持ちの方は仙骨(尾てい骨)で座っていることが多いです。では、なぜ坐骨が重要なのでしょうか??

 

2−1.構造的な利点

坐骨で座れている時は、骨盤がしっかり立った状態で保たれています。骨盤が立って中間位に位置することで、骨盤が前後への運動が最小のストレスで可能になる為、腰への負担が軽減したり動きのスムーズさの向上がみられます。

 

2−2.機能的な利点

左右に体重を移した際、坐骨で座れていると横への重移動を素早く感知して倒れないように無意識的に身体を支えてくれる反応が得やすくなります。仙骨で座っている場合は、この反応が得づらく腰や臀部の筋肉を過剰に働かせて身体を支えるようになります。これが腰痛の原因になることがあります。

 

2−3.坐骨で支える感覚を体感して下さい

座っていて坐骨がどこにあるかわかりますか?はっきりとわかってくると、「無意識でも背筋が伸びる」「左右に押されても坐骨で押し返せる」「腰が楽になる」などすぐに体感できます。実際に腰痛のクライアント様に坐骨を認識してもらい、骨盤の運動を促しただけで腰痛が軽減したケースもいくつもあります。

では、坐骨を意識しながら座ってみましょう

少し硬めの椅子に座ります。お尻の下に自分の手をひらを上にして入れ込んでみてください。そうすると、コロコロした骨があると思います。

それが坐骨です!坐骨が手の平に圧がくるように上半身の重さを集め見てください。手を抜いて再度、坐骨を座面に押し付けます。いつもよりも、自然と背すじが伸びてくる感覚はあるませんか??もし腰痛が楽になった感覚がある方は是非継続して行ってください。「ただ坐骨で座っている」ではなく「坐骨で座っていること認識する」ことが大切です!坐骨でしっかり座ることができると、無意識で身体を支える反応を得やすくなり、結果的に「腰痛改善」につながってくるのです。

 

仙骨(尾てい骨)で寄りかかる

背もたれがある場合は、背もたれもうまく活用しましょう。背もたれに寄りかかった時にどこに圧を感じますか?

背中ではないですか?この座り方は、腰から背中にかけてのストレスを与えてしまいます。うまく座れていない猫背の方は、この尾てい骨が座面に寝てしまっているんです。先ほどの坐骨で座ると尾てい骨は座面つかないと思います、

では、仙骨(尾てい骨)を意識して座ってみましょう

まずは、先ほどのように坐骨で座ります。その姿勢のまま背もたれまで奥に座り込んでみてください。そうすると、仙骨(尾てい骨が)背もたれに着くと思います。そのまま静かに背中全体で背もたれに寄りかかってください。

どうですか?楽ではないですか?

 

これで、腰にかかる負担はグッと減ります。椅子に座る際には、足はなるべく手間に引いいてください。足を投げ出していると、もも裏の筋肉から骨盤が寝る方向に引っ張るので投げ出さないでくださいね!

※施術効果には個人差があります

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土日祝 9:00~13:00 (時間外相談可)
【定休日】 不定休(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る