膝の痛みが悪化していく理由

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「膝の痛みが悪化していく理由」についてです。

 

 

 

なぜ整形や整骨院に通って治療しているのに膝の痛みが悪化していくのかご存知ですか?

 病院・整骨院・整体でマッサージを受けて、その場しのぎはできても膝の痛みが根本的に良くなることはないということです。

病院では、長い時間待って診察は2、3分だけ。あなたの痛い場所を聞くと「見たり」「触れる」こともせずレントゲンやMRI検査。その結果、指導されるのは安静と痛み止めの薬。そして、「これで様子を見て下さい」との対応。

整骨院では、毎回違う先生が担当するので同じことを毎回説明しないといけないし、一生懸命説明しても、やる事は痛い所をただマッサージして電気をかけるだけ。

どうすれば良くなるのか?

なぜ痛くなったのか?

自分ではこれから何に注意して生活していけばいいのか?

これらについての説明があるわけでもないので、どうしていけばいいのかが理解できていないので、これでは良くなるはずがありません。

 

 

最初は膝に時々違和感を感じる程度だったのに・・・

膝の痛みで悩んでいる方の多くが、急激に痛くなったわけではなく、最初は違和感程度ですが、気づいたら良くなってしまうから特に気にもしない。 

それが徐々に、立ち上がりの時、階段の上り下り、正座の時に痛みを感じるようになり、外出して長時間歩くと痛みで歩きたくなくなってしまうほどの痛みになる。

さらに悪化して、引きずったような歩き方、階段は一段づつでないと上り下りできない、しゃがめない、正座もできない、外出したくない・・・

と日常生活にも支障が出るようになってしまいます。

 

 

さすがに心配になり病院・整骨院で痛み止めの薬や注射、電気、マッサージで治療を始め、これで症状が改善すればいいのですが、ここからさらに悪化していってしまうケースも多々あります。

このような治療をしても改善しないのは、

「なぜこのように症状が悪化していってしまったのか?」

という原因が解決されていないからです。

 その場の痛みを抑える治療に頼ってしまうと、症状の再発と寛解を繰り返しながら徐々に悪化していってしまいます。

だから、膝の痛みは治らないというイメージを皆さん持たれていることと思います。

しかし、治らないのではなく、治すための治療をしてないから再発を繰り返しながら悪化していってしまうのです。

なぜ再発、悪化してしまうのかの原因を見つけ、そこに対して施術することで膝の痛みは改善します。

 

 

まとめ

最初は違和感程度だったのが、徐々に悪化していくのが膝の痛みの特徴です。

始めのうちは放っておいても治ったのが、痛みが長引くようになり、いつしか痛いのが当たり前になってしまう・・・。

このような痛みに対して、その場の痛みを抑えることを目的にした治療を続けてしまうから徐々に悪化してしまうのです。

痛くなる原因について考えてみてください。

【電話番号】 06-6439-7152
【営業時間】 平日 9:00~19:30
         土祝 9:00~13:00
【定休日】 日曜日 ※前日までにご予約された方のみ可
          その他不定休あり(セミナーのため)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【アクセス】 阪神バス 南武庫之荘7丁目から徒歩1分
        阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩15分


一覧ページに戻る